MatrixFlow、結果見てからAI導入を検討できる「AI Next Stage」を提供開始

MatrixFlowは11日、ビジネスのためのAI活用プラットフォーム「MatrixFlow」を利用したAIトライアルサービス「AI Next Stage」の提供を開始した。

本サービスでは、AIの開発費用を0円とし、出来上がったAIを見てから導入するか否かを検討することが可能。AI導入時に生じる代表的な悩みである、AIの予測精度に関する不安や初期投資を抑えることで、幅広い企業のAI導入を促進する。

現在、AIの導入を検討する上で、どのようなAIを作ればよいかわからない、どの程度の精度が見込めるかわからない、費用が高いためAIへの先行投資が出来ないといった悩みが良く挙げられる。

そこでMatrixFlowでは、実際にビジネスで活用するためのAIを0円で構築する新サービス「AI Next Stage」を提供することにしたという。

このサービスでは、ビジネスのためのAI活用プラットフォーム「MatrixFlow」を使用することで、開発コストを極限まで抑え、0円でのAI構築を実現する。「AI Next Stage」を利用することにより、出来上がったAIを見てから導入するか判断することができるため、AIで実現できることや費用対効果を具体的に理解・検討したうえで、手軽にAIを導入することが出来るという。

関連URL

AI活用の事例
プロジェクトの主な流れ
MatrixFlow

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-24

    amulapo、VRやAR、AIの技術を用いた「バーチャル宇宙飛行士選抜試験」先行予約を開始

    宇宙の体験をつくる技術集団のamulapo(アミュラポ)は2020年度「いばらき宇宙ビジネス事業化実…
  2. 2021-6-22

    医療相談アプリ「LEBER」、「新型コロナワクチンの副反応」に関する機能提供を開始

    リーバーは22日、医療相談アプリ「LEBER」(リーバー)に「新型コロナワクチンの副反応」を相談する…
  3. 2021-6-21

    植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestX、「HarvestX Lab」設立

    植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestXは21日、アントレプレナーラボ(東京大学 …
  4. 2021-6-18

    MiR、新しい台車牽引ソリューションを発売 内部輸送の自動化を促進

    自律型モバイルロボット(AMR)で世界市場をリードするモバイル・インダストリアル・ロボット(MiR)…
  5. 2021-6-16

    WHILL、慶應義塾大学病院で自動運転モビリティサービスの実証実験エリアが2階に拡張

    WHILLは16日、慶應義塾大学病院で2020年9月から進めている外来受診の患者を目的地まで自動運転…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る