MatrixFlow、結果見てからAI導入を検討できる「AI Next Stage」を提供開始

MatrixFlowは11日、ビジネスのためのAI活用プラットフォーム「MatrixFlow」を利用したAIトライアルサービス「AI Next Stage」の提供を開始した。

本サービスでは、AIの開発費用を0円とし、出来上がったAIを見てから導入するか否かを検討することが可能。AI導入時に生じる代表的な悩みである、AIの予測精度に関する不安や初期投資を抑えることで、幅広い企業のAI導入を促進する。

現在、AIの導入を検討する上で、どのようなAIを作ればよいかわからない、どの程度の精度が見込めるかわからない、費用が高いためAIへの先行投資が出来ないといった悩みが良く挙げられる。

そこでMatrixFlowでは、実際にビジネスで活用するためのAIを0円で構築する新サービス「AI Next Stage」を提供することにしたという。

このサービスでは、ビジネスのためのAI活用プラットフォーム「MatrixFlow」を使用することで、開発コストを極限まで抑え、0円でのAI構築を実現する。「AI Next Stage」を利用することにより、出来上がったAIを見てから導入するか判断することができるため、AIで実現できることや費用対効果を具体的に理解・検討したうえで、手軽にAIを導入することが出来るという。

関連URL

AI活用の事例
プロジェクトの主な流れ
MatrixFlow

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る