MatrixFlow、結果見てからAI導入を検討できる「AI Next Stage」を提供開始

MatrixFlowは11日、ビジネスのためのAI活用プラットフォーム「MatrixFlow」を利用したAIトライアルサービス「AI Next Stage」の提供を開始した。

本サービスでは、AIの開発費用を0円とし、出来上がったAIを見てから導入するか否かを検討することが可能。AI導入時に生じる代表的な悩みである、AIの予測精度に関する不安や初期投資を抑えることで、幅広い企業のAI導入を促進する。

現在、AIの導入を検討する上で、どのようなAIを作ればよいかわからない、どの程度の精度が見込めるかわからない、費用が高いためAIへの先行投資が出来ないといった悩みが良く挙げられる。

そこでMatrixFlowでは、実際にビジネスで活用するためのAIを0円で構築する新サービス「AI Next Stage」を提供することにしたという。

このサービスでは、ビジネスのためのAI活用プラットフォーム「MatrixFlow」を使用することで、開発コストを極限まで抑え、0円でのAI構築を実現する。「AI Next Stage」を利用することにより、出来上がったAIを見てから導入するか判断することができるため、AIで実現できることや費用対効果を具体的に理解・検討したうえで、手軽にAIを導入することが出来るという。

関連URL

AI活用の事例
プロジェクトの主な流れ
MatrixFlow

関連記事

注目記事

  1. 2022-1-19

    A.L.I. Technologies、四万十町の孤立集落支援システムを実現するドローン実証実験に成功

    A.L.I. Technologies(A.L.I.)は19日、2021年4月にKDDIとパーソルプ…
  2. 2022-1-18

    CBC、Jリーグ・FC東京に先端テクノロジーのAIカメラを導入

    CBCは18日、Jリーグ・FC東京とのパートナーシップにより、CBCがグローバルネットワークを活用し…
  3. 2022-1-17

    AI食事管理アプリ「あすけん」、DNSと食習慣を身に付けるチャレンジ企画を実施

    askenは17日、スポーツニュートリションブランド「DNS(ディーエヌエス)」を展開するDNSと共…
  4. 2022-1-14

    AIsmileyとSkillup AI、AI検定学習サービスカオスマップを公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができる AI ポータルメディア「AIsmiley」を運営 する…
  5. 2022-1-13

    セコム、AI活用でバーチャルキャラクターが警戒・受付業務を提供するシステムを発売

    セコムは13日、AIを活用し警戒監視や受付業務などを行う「バーチャル警備システム」を販売開始した。 …

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る