MatrixFlow、結果見てからAI導入を検討できる「AI Next Stage」を提供開始

MatrixFlowは11日、ビジネスのためのAI活用プラットフォーム「MatrixFlow」を利用したAIトライアルサービス「AI Next Stage」の提供を開始した。

本サービスでは、AIの開発費用を0円とし、出来上がったAIを見てから導入するか否かを検討することが可能。AI導入時に生じる代表的な悩みである、AIの予測精度に関する不安や初期投資を抑えることで、幅広い企業のAI導入を促進する。

現在、AIの導入を検討する上で、どのようなAIを作ればよいかわからない、どの程度の精度が見込めるかわからない、費用が高いためAIへの先行投資が出来ないといった悩みが良く挙げられる。

そこでMatrixFlowでは、実際にビジネスで活用するためのAIを0円で構築する新サービス「AI Next Stage」を提供することにしたという。

このサービスでは、ビジネスのためのAI活用プラットフォーム「MatrixFlow」を使用することで、開発コストを極限まで抑え、0円でのAI構築を実現する。「AI Next Stage」を利用することにより、出来上がったAIを見てから導入するか判断することができるため、AIで実現できることや費用対効果を具体的に理解・検討したうえで、手軽にAIを導入することが出来るという。

関連URL

AI活用の事例
プロジェクトの主な流れ
MatrixFlow

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  2. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  3. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  4. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  5. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る