日立ソリューションズ、AI技術活用したテスト自動化ツール「Appvance IQ」販売開始

日立ソリューションズは15日、Appvance, Inc.(アメリカ:Appvance社)と、複数のAI(人工知能)技術を活用した、Webやモバイルアプリケーション開発のテスト自動化ツール「Appvance IQ(アップバンス アイキュー)」の国内初の販売代理店契約を締結し、販売を開始したと発表した。

「Appvance IQ」は、アプリケーションの新規開発時に機能や性能、セキュリティのテストスクリプト(スクリプト)をコーディングすることなく生成できる。また、バージョンアップ時には、AI技術により、アプリケーションが稼働している環境をスキャンし、サーバ上のアクセスログを解析することで、回帰テストのスクリプト生成・修正を自動化できる。

さらに、スクリプトの実行から結果レポートの生成までも自動化できるため、テスト作業にかかる時間を短縮し、作業の効率化を図れる。

日立ソリューションズは、ソフトウェア開発の豊富なノウハウを生かし、PoCやトレーニング、問合せ対応を行うことで「Appvance IQ」の導入を支援する。さらに、ローコード・ノーコード開発ツールやCI/CDツールと組み合わせることで、開発からテスト工程までの自動化・省力化を実現し、アプリケーション開発全体の効率化も支援する。

DX(デジタルトランスフォーメーション)が加速する中、スピーディにアプリケーションを開発できるアジャイル開発やDevOpsを導入する企業が増えている。開発期間が短くなる中、テストの回数も増えており、テスト自動化ツールを導入する企業が増えているという。しかし、アプリケーションのバージョンアップ時に新たにスクリプトを作成したり、既存のスクリプトを修正したりする必要があり、多大な工数がかかっていた。

日立ソリューションズは、これまでもアプリケーション開発を効率化するさまざまなソリューション(ソースコード解析ツールやCI/CDツールなど)を提供してきた。今回、新たにAI技術を活用してスクリプトを自動生成・修正し、アプリケーション開発のテストを効率化できる「Appvance IQ」を提供する。

関連URL

問い合わせ先
日立ソリューションズ

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-9-26

    RPAとAIの祭典「NTTDATA WinActorラウンジ2020」10月9日開催

    「WinActorラウンジ」は、これまでWinActorユーザーのみに限定開催され、例年2000名以…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る