Hmcomm、AI音声自動応答システム「Terry」に「新機能:オートコール」リリース

ディープラーニングを活用し音声から価値提供を目指す、産業技術総合研究所(産総研)発ベンチャーHmcommが提供するAI音声自動応答システム「Terry」は30日、顧客からの要望を受け、従来の自動受電対応(インバウンド機能)に加えて、オートコール対応(アウトバウンド機能)を新規リリースしたと発表した。

オートコール対応により、架電にかかる人件費などのコストに課題があった顧客に対して、「Terry」に架電先リストとトークフローを設定することで、24時間365日「Terry」がオートコールし、結果を集計する。

活用例として、コロナ禍において海外への渡航者に対する保健所職員の業務を軽減するシナリオをご用意。帰国後、渡航者に対し14日間毎日「Terry」がオートコールを行い、検温可否や37.5度以上かなどを確認、体調に変化があった場合に保健所職員へ自動的に通知する。

事務連絡や定常業務を「Terry」のオートコールで対応することにより、職員の負担軽減や業務の効率化が可能になるという。

関連URL

「Terry」
Hmcomm

関連記事

注目記事

  1. 2021-9-22

    宇宙ミュージアムTeNQ、AI案内ロボット展示物解説サービス開始に向け試験導入

    東京ドームシティの黄色いビルにある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)では、サービスロボットのロー…
  2. 2021-9-21

    XNOVA、クラウドファンディングで「AI絵画×NFT」プロジェクト始動

    AIやブロックチェーンなど最新のテクノロジーをテーマに製品開発やクラウドファンディングの企画・運営を…
  3. 2021-9-17

    ヒトとロボットが共生するライフスタイルの発信拠点「PARK+」渋谷にオープン

    “パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に”という想いのもと、ヒトとロボットが共…
  4. 2021-9-16

    大和書房、ロボットデザイナー・松井龍哉氏 初の単著発売

    大和書房は、『優しいロボット』(松井龍哉 著)を18日に発売する。 著者の松井龍哉氏は世界のロ…
  5. 2021-9-15

    SkyDrive、大阪府・大阪市と「空飛ぶクルマ」実現に向けた連携協定を締結

    「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」を開発するSkyDriveは15日、大阪府及び大阪市と、大阪で…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る