Hmcomm、AI音声自動応答システム「Terry」に「新機能:オートコール」リリース

ディープラーニングを活用し音声から価値提供を目指す、産業技術総合研究所(産総研)発ベンチャーHmcommが提供するAI音声自動応答システム「Terry」は30日、顧客からの要望を受け、従来の自動受電対応(インバウンド機能)に加えて、オートコール対応(アウトバウンド機能)を新規リリースしたと発表した。

オートコール対応により、架電にかかる人件費などのコストに課題があった顧客に対して、「Terry」に架電先リストとトークフローを設定することで、24時間365日「Terry」がオートコールし、結果を集計する。

活用例として、コロナ禍において海外への渡航者に対する保健所職員の業務を軽減するシナリオをご用意。帰国後、渡航者に対し14日間毎日「Terry」がオートコールを行い、検温可否や37.5度以上かなどを確認、体調に変化があった場合に保健所職員へ自動的に通知する。

事務連絡や定常業務を「Terry」のオートコールで対応することにより、職員の負担軽減や業務の効率化が可能になるという。

関連URL

「Terry」
Hmcomm

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-10-22

    愛知県初、“AI・IoT・ロボット”“ゲーム・CG”分野の専門職大学が「認可」へ

    名古屋国際工科専門職大学は22日、文部科学省の大学設置・学校法人審議会における審議の結果、本学の設置…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る