東京大学とVIE STYLE、脳波×AIで共同研究を開始

VIE STYLEは13日、東京大学と、ヴィースタイルが開発するイヤホン型脳波計から測定された脳波等の生体情報により、集中度・疲労度を解析し、生産性を支援するAIを開発する共同研究を開始したと発表した。

ヴィースタイルが開発するイヤホン型脳波計「VIE ZONE(ヴィーゾーン)」は、特許申請中の独自構造により、高性能Bluetoothイヤホンから脳波・心拍・呼吸を取得できるウェアラブルデバイス。

本デバイスを活用して、働く人の、集中度・疲労度などを脳波でモニターし可視化することにより、リモートワークにおける生産性支援および、メンタルヘルスケアを行うサービスを開発することを目的としている。

関連URL

VIE STYLE  

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-10-22

    愛知県初、“AI・IoT・ロボット”“ゲーム・CG”分野の専門職大学が「認可」へ

    名古屋国際工科専門職大学は22日、文部科学省の大学設置・学校法人審議会における審議の結果、本学の設置…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る