Report Ocean、世界の配送ロボット市場2027年までに目覚ましい成長率を示す

Reportocean.comは19日、「配達ロボット市場調査レポート」というタイトルの新しいレポートの追加を発表した。これは、成長ドライバー、市場機会、課題、競争環境、配達ロボット業界の脅威など、主要な市場ダイナミクスに焦点を当てている。

世界の配送ロボット市場は2019年に約141.8億米ドルと評価され、2020年から2027年の予測期間にわたって18.2%を超える健全な成長率で成長すると予想されている。

レポートは、市場規模(グローバル、地域、国レベル)、トレンド、キープレーヤー、市場シェア、新興技術、セグメントレベル分析、機会、企業シェア、サプライチェーン分析、COVID19影響分析を含むさまざまなパラメーターに関する詳細な洞察、および予測期間中に市場などの成長を促進および阻害する要因を提供する。

配送ロボットは、商品の配送に使用される自律型ロボットの一種。自律型ロボットの出現は、より安価で効率的な配送方法を提供するため、配送システム市場に革命をもたらした。市場の成長は主に、柔軟で効率的な自動フルフィルメントの継続的なニーズに加えて、ますます多様化するインフラストラクチャライトロボットの手頃な価格と投資収益率の向上によって推進されている。さらに、これらのロボットの重量挙げ能力とラストマイルデリバリーの需要の増加は、予測期間中の市場の成長をさらに強化すると予想される。たとえば、2019年11月、米国のMITはラストマイルデリバリーロボットを開発した。ロボットには、最新のナビゲーションシステムが組み込まれている。さらに、世界のさまざまな地域でのオンラインショッピングの増加傾向により、配信システムの需要が高まっている。ただし、配信ロボットの使用に関連する厳しい規制は、市場の成長を制限する可能性がある。

関連URL

無料サンプルPDFを入手
完全なレポートサンプルのレビューのリクエスト

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る