AI自動音声対話システム「AI Messenger for Voice」、機能追加で割り込み発話へ対応

AI Shiftは20日、AI自動音声対話システム「AI Messenger for Voice」で、バージイン機能(割り込み対応機能)を実装したと発表した。

近年、カスタマーサポートにおける業務効率化や対応負荷軽減などを目的として、チャットボットをはじめとしたソリューションの導入が加速している。また、音声認識や音声合成、対話システムなどの技術の発展から、今後電話において従来のIVR(自動音声応答システム)による案内ではなく、AIによる自動対話サービスの活用が進むことが予想される。

同社では、2020年4月からAIによって企業における電話業務の自動化を実現する音声対話サービス「AI Messenger for Voice」の提供をしており、今回、より自然な対話を実現するため、バージイン機能(割り込み対応機能)を実装した。

バージイン機能は、システムの発話中にユーザーが割り込んで話しかけた場合でも、ユーザーの発話内容を認識することができる機能。本機能の実装で、システム発話の途中でユーザーが発話した場合でも音声認識が可能となり、聞き直しを軽減することでより人間らしいスムーズな会話を実現する。さらに、対話の煩わしさの解消により対話シナリオの短縮に繋がり、対話完結率の向上も期待できるという。

関連URL

AI Shift

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-11-9

    Society5.0的 タイムトラベル考察

    過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

注目記事

  1. 2021-3-4

    パナソニック、小型ロボットがエリア内の店舗から住宅へ商品を届ける実証実験を開始

    パナソニックは4日、アインホールディングス、Fujisawa SST協議会とともに、小型低速ロボット…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る