NearMe、AIオンデマンド型シャトルサービス「スマートシャトル」を23区へ拡大

AIを活用したオンデマンド型シャトルサービス「スマートシャトル」を提供するNearMeは20日、「成田・羽田空港⇔都内間」を送迎する最大9人乗りの空港送迎シャトルサービスのエリアを拡大すると発表した。

これまでの15区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、豊島区、江戸川区)に加え、8区(中野区、杉並区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区)に拡大する。

昨年開始した、空港版のオンデマンド型シャトルサービス「スマートシャトル」のnearMe.Airport(ニアミー エアポート)。2020年新型コロナウィルスが猛威を振るった影響もあったが、Go Toトラベルや出張などの再開により空港までの往復を安心・安全な形で利用したいとのと要望があったという。

同社は、今年6月から通勤をサポートするnearMe.Commute(ニアミー コミュート)を開始し、どうしても出社せざるを得ない人の移動をサポートすべくコロナ対策を行い通勤シャトルを提供をしている。この経験も踏まえ、既存の公共交通機関を補完する新たな移動サービスとして、コロナ対策を強化した空港版スマートシャトルのエリアを都内23区に拡大。都内から成田・羽田空港まで、そして7月から新たに開始した那覇空港から那覇市内まで展開し、今後もより多くの地域でスムーズで安心・安全な移動方法を提供していくとしている。

またより多くの家族の利用も鑑み、今回12歳未満の子どもに関しては大人と同乗で、半額になるよう新たに料金を設定。家族が安心して、そしてリーズナブルにコロナ対策も踏まえた旅行の手段として利用出来るようつとめるとしている。

利用方法

オンラインによる事前予約制
前日15時までに予約サイトから予約

関連URL

NearMe

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-11-9

    Society5.0的 タイムトラベル考察

    過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

注目記事

  1. 2021-3-3

    農業用収穫ロボットを開発のAGRIST、計6社から資金調達を実施

    農業用自動収穫ロボットの開発を行うAGRIST(アグリスト)は3日、ドーガン・ベータ及び宮崎太陽キャ…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る