ビースポーク、AIチャットボット「BeAssist」でシェアオフィスの集客・接客自動化

ビースポークは26日、AIチャットボットが集客・接客支援を行うサービス「BeAssist」を、コクヨが運営するワークラウンジ「Creative Lounge MOV(クリエイティブ・ラウンジ・モヴ)」で開始すると発表した。

「BeAssist」は、世界中の空港やスマートシティで採用されている高性能接客AIエンジン「BEBOT」の簡易版サービスで、コロナ禍で影響を受けた事業者の集客支援を行うために開発された。自社開発した「BEBOT」のAIエンジンを搭載しており、低価格で利用できるだけでなく、ITの専門家がいなくても10分で実装できるのが特徴だという。

「BeAssist」を導入することで、会員や見込み客からの質問に24時間365日自動で回答が可能となる。アプリのダウンロードや規約への同意、会員登録などは一切不要で、利用者のスマホを通じて利用できる利便性も持ち合わせているという。

関連URL

Creative Lounge MOV
ビースポーク

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-11-9

    タイムトラベルは可能か!Society 5.0的考察

    過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

注目記事

  1. 2020-11-30

    goo botmaker、AIチャットボット育成プロジェクト「コエで聞ける!AI/DJ KOO」を開始

    NTTレゾナントが運営するAIチャットボット共創プラットフォーム作成サービス「goo botmake…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…
  2. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  3. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  4. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る