次世代型協働ロボット用の駆動装置を開発・生産する独SENSODRIVEが日本進出

SENSODRIVE(ドイツ・バイエルン州、センソドライブ)は24日、日本メーカーと連携を図るため、日本市場に進出すると発表した。日本で特許を取得した技術を日本メーカーへ提供し、産業用ロボットに前例のない「感性」をもたらし、次世代型ロボット製造に貢献するとしている。

SENSODRIVEはトルクセンサー、ハーモニックドライブ・ギアボックス、出力軸受、強力なモーター、角度エンコーダー、モーターコントローラー、およびそれらを統合したトルク制御駆動装置「SENSO-Joint」などを開発・生産する。

SENSO-JointはSENSODRIVEの主力製品で、人間と安全に協業するロボットに触覚フィードバックを与える高感度な駆動を、世界最先端の安全性、軽量性、高速性で実現する。 スカラロボットを含む次世代型ロボット、協働ロボット、手術装置、遠隔操作システムの製作に携わる企業などに向けて提供しており、たとえばKUKAおよびカールツァイス、 BMWやシェフラー、ドイツ航空宇宙センター そしてアーヘン工科大学などで採用されている。

SENSODRIVEは2003年にドイツ航空宇宙センター(DLR)からスピンオフし、宇宙ロボットの技術開発で培ったノウハウを産業用ロボットに広げるべく設立された。設立当初から、多くのロボットメーカーがひしめく日本市場を見据えてビジネスを展開。特に昨年からは日本進出の準備を本格的に開始し、今年、SENSO-Jointに関連する特許を日本で取得している。来年、東京で開催される『2021国際ロボット展』への出展も計画中。日本のロボットメーカー向けの営業やサポートの体制も整備を開始し、将来的には日本オフィスの開設も検討している。より高感度でインテリジェントなロボットを世界に展開するために、日本のパートナー先も開拓しているという。

関連URL

SENSODRIVE

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る