全国ギーク系高校生頂上決戦『シンギュラリティバトルクエスト』27日オンライン開催

フジテレビは25日、27日に渋谷 PARCO内eスポーツカフェを中継会場に決勝大会がオンライン開催される、第1回全国高校 AI アスリート選手権大会『U18シンギュラリティバトルクエスト 2020』の大会運営アドバイザーに就任することが決定したと発表した。大会の進行役にはフジテレビアナウンサー安宅晃樹を起用し、実況を盛り上げるほか、大会当日の模様を年明け、 FOD 番組で配信することが決定した。(配信日時については、後日発表)

『シンギュラリティバトルクエスト』とは、全国の高校における コンピューターや最先端の情報通信技術を駆使する部活動(パソコン部、プログラミング部、ロボット部、ゲーム部など)の存在価値を高め、従来の体育会系や文化系と並ぶ「ギーク系」部活動の新しいムーブメントを作ることを目指し、今後年1回の開催を予定している、国内初の AI/ICT スキルの総合競技大会。

大会に出場する選手は「AI アスリート」として各校を代表し、3人1組でチームを組んで参加する。第1回となる今回の決勝大会は、今年9月に開催された一次選考会を勝ち抜いた上位8組による頂上決戦となる。

今大会では「ホモ・デウス世代のPENTATHLON(近代五種)」をイメージした5つの競技、【 AQ 】AI クエスト(団体戦)、【 CQ 】サイバークエスト(団体戦)、【 DQ 】データクエスト(個人戦)、【 RQ 】ロボクエスト(個人戦) 、【 XQ 】Xクエスト(個人戦) を通して、卓越した技術、情熱、感性 、チームワークを競う。

今大会は新型コロナウィルス感染拡大防止の観点だけでなく、今後の「教育環境のオンライン化」及び「教育の DX 」を積極的に推進するため、各チームがインターネット経由で競技に参加する「オンライン対戦形式」で開催する。尚、大会当日の模様はYouTube Liveや Twitchなどでリアルタイム視聴できるほか、バーチャル会場でのライブ観戦も可能。

フジテレビは、これまでの番組やイベント制作を通して培った、エンターテイメントのノウハウを応用することで、日本のAI/ICT人材の育成と発掘に貢献し、来るべきシンギュラリティ時代においても、パフォーマンスを発揮することを目指すとしている。

◇決勝大会進出チーム
【東北ブロック】午後の乙女(県立酒田光陵高等学校/山形県) 、ボツ案(県立酒田光陵高等学校/山形県)
【関東ブロック】公立の星(県立浦和高等学校/埼玉県)、Triple T(県立浦和高等学校/埼玉県)、Luminous 芝浦工業大学附属高等学校/東京都)、スカイ(県立平塚江南高等学校/ 神奈川県)、ミラクルスター(県立平塚江南高等学校/神奈川県)
【中部ブロック】沼商A チーム( 県立沼津商業高等学校/ 静岡県)

*YouTube LI VE 、T witch 、バーチャル会場の情報は公式Webサイトで案内

関連URL

大会公式Webサイト

関連記事

注目記事

  1. 2022-1-28

    NTTドコモ、AI ゴルフレッスンアプリ「GOLFAI」に小祝さくら選手のレッスン登場

    NTTドコモは28日から、同社が提供するAI ゴルフレッスンアプリ「GOLFAI(ゴルファイ)」iO…
  2. 2022-1-28

    アジラ、行動認識AIエンジン「Asilla SDK」アップデート

    防犯セキュリティ向けに映像解析サービスを提供するアジラは28日、同社が提供する行動認識AIエンジン「…
  3. 2022-1-27

    芝浦工大、AIによる高精度な通信量予測で基地局の電力を再生可能エネルギーへ代替可能に

    芝浦工業大学は27日、工学部情報工学科の新熊亮一教授が、携帯電話基地局の通信量を精度高く予測し、それ…
  4. 2022-1-26

    エクサウィザーズ、AI写真サービス「とりんく」2022年4月リリース

    AIを利活用したサービスによる社会課題解決に取り組むエクサウィザーズは26日、画像認識AIを活用した…
  5. 2022-1-25

    パナソニック、三菱地所とロボットを活用した次世代型まちづくりを推進

    パナソニックは25日、少子高齢化における労働力不足の解決、街づくり・都市開発で効率的なロボット運用の…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る