行動認識AI開発のアジラ、「元警備業界経験者が語る」次世代のAIセキュリティウェビナー23日開催

AI警備システム『アジラ』を提供するアジラは、オンラインウェビナー「元警備業界経験者が語るAIを使った次世代の警備システムとは ~防犯カメラの新しい使い方~」を、6月23日に開催する。

昨年1年間の刑法犯認知件数が20年ぶりに増加に転じ、治安の悪化が危ぶまれる中、「安心・安全」を提供する警備業界は人手不足という課題に直面している。

そのような時代の中で「当たり前の日常」を守るために、警備オペレーションの効率化の鍵となる防犯カメラとAIを活用した警備DXについて、元警備業界経験者の視点で解説。AIによる即時検知・通知の他、実際に既に利用している警備事業者がどのように活用しているか具体的に説明する。 防犯カメラとAIを使った新しいシステムを体験できる貴重な1時間。

開催概要

開催日時:6月23日(金) 14時00分~15時00分
開催場所:オンライン形式/Zoomウェビナー
参加費:無料 *事前予約制

参加申し込み

関連URL

『アジラ』問合せ
『アジラ』のデモンストレーションを体験できる「プレゼンテーションルーム」
アジラ

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る