パナソニックのAI研究開発の取組みを紹介するウェビナー16日開催

パナソニックは、社内研究グループ「REAL-AI」のリサーチメンバーがロボティクス・セキュリティ・コンピュータビジョン分野の取組みを紹介するウェビナー「Panasonic×AI REAL Tech Talk」を3月16日に開催する。

パナソニックでは、家電・住宅、自動車、B2Bソリューションの主要な事業領域で、くらしの課題を解決する革新的な製品やサービスを提供するため、人工知能技術(AI)の研究開発に注力している。

本ウェビナーの第1部では、多岐にわたる研究開発分野の中から国際会議などで注目を集めた先端AI技術を中心に、技術開発の担当者が解説を行う。

第2部ではクロスアポイントメント制度により立命館大学教授とパナソニック社員双方の肩書を持つ谷口忠大教授、および同教授が率いる社内研究グループ「REAL-AI」のメンバーによるパネルトークセッションを行う。

開催概要

タイトル:Panasonic×AI REAL Tech Talk:パナソニックの先端AI研究
開催日時:2022年3月16日(水)AM10:00-12:00
参加費:無料

<セミナープログラム>
[第1部:取組紹介]
1. ロボティクス:対照学習を用いた多視点の世界モデル強化学習
【発表者】パナソニック コネクティッドソリューションズ社:黄瀬 氏
RSJ2021(第39回 日本ロボット学会 学術講演会)で発表した技術を解説する。
2. セキュリティ:Graph Convolutional Networksを用いた制御システムのサイバー攻撃検知
【発表者】パナソニック テクノロジー本部:大庭 氏
世界最大級のサイバーセキュリティ国際会議であるBlack Hat Europe 2020に採択された“Graph Convolutional Network-based Suspicious Communication Pair Estimation for Industrial Control Systems”について解説する。
3. コンピュータビジョン:CutDepth:Edge-aware Data Augmentation in Depth Estimation,
空中超音波を用いた共同学習変分オートエンコーダによる人物領域セグメンテーション
【発表者】パナソニック テクノロジー本部:石井 氏、谷川 氏
MIRU2021, 及び日本音響学会 春季研究発表会にて公開した技術について解説する。

[第2部:パネルトーク]
【パネラー】第1部発表者(黄瀬、大庭、石井、谷川 各氏)
立命館大/パナソニック:谷口教授
パナソニック テクノロジー本部:岡田 氏、奥村 氏
パナソニックでのAI研究開発現場の雰囲気を伝えするパネルトークセッション。

参加申込 

関連URL

Panasonic×AI  
パナソニック

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る