AIで振込業務効率化サポートする「Toriders」がお年賀キャンペーンを実施

mofmofが運営する自然言語処理・AIを活用しデータ登録・振込・保管することで振込業務効率化をサポートするサービス「Toriders(トリダース)」 は5日、多忙期を前に経理の業務改善に向けた電子化をサポートすべく、脱手動!経理電子化お年賀キャンペーンを実施すると発表した。

2020年10月に改正された電子帳簿保存法により、これまで以上に請求書や契約書などの国税関係帳簿書類を「紙」ではなく「電子データ」として保存することが可能となった。経理業務における電子化へのハードルが下がり、経理業務改善における電子化に向けた体制を作るきっかけにもなっている。

また、2023年10月には幅広い事業者に影響を与えるインボイス制度が開始される。一つひとつの取引に対して書譜非税額を記載する必要のあるため、今後の会計処理はさらに煩雑化。そのため、今年も請求書及び経理の電子化は加速すると考えられるという。

多くの企業が決算を迎える3月。多忙期を前に、今こそ業務フローを見直すチャンス。Toridersは、面倒な契約手続きや事前設定などは不要で、弥生形式のCSV出力に対応しており、すでに利用している会計システムとの連携利用も簡単にできることから導入時の手間や時間をかけることなく即日利用を開始することができる。

今回、経理の業務改善・業務最適化を「経理の電子化」の観点から応援し、振込業務自動化サービスを活用できるよう、月500枚の請求書を利用できるスタンダードプランを20%オフで利用できるキャンペーンを実施する。

スタンダードプラン・通常1万円/月を、お年賀キャンペーン価格として、20%オフの8000円(税別)/月で利用できる。ユーザーからの声を反映すべく、サービスに関するアンケート実施を強化している。今回のキャンペーンでは、1月31日までに資料ダウンロード・お問い合わせ・無料トライアルのいずれかを申し込んだ人にキャンペーン価格を適用する。

サービスの詳細・登録方法

関連URL

mofmof  

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る