TMJ、ChatGPTを社内業務に活用する実証実験を開始

コールセンター・バックオフィス(事務処理センター)の構築・運営を行うセコムグループのTMJは14日、GPT-4をベースとしたChatGPTを社内業務に活用する実証実験を開始したと発表した。

実証実験にあたり、ギブリーが提供する「法人GAI Powered by GPT-4(法人GAI)」を利用し、コールセンターをはじめとするオペレーション部門の支援、採用・マーケティング、育成などの領域を対象に、将来的には顧客応対への活用も視野に入れた検証を行う。

TMJでは“現場力の最大化”をスローガンに「オペレーションDX(業務革新)」を、各業務・部門を対象に推進している。今回、ChatGPTを活用した実証実験を通じて、オペレーションDXを更に加速させ、提供サービスの進化と業務生産性・品質の向上に繋げていく予定だという。

【主な検証対象の領域】
●オペレーション部門(コールセンターなどの支援業務を対象)
・長文の応対履歴要約
・対話ログからのFAQ・トークスクリプト生成、メール問い合わせの返信文章の生成
・多言語問い合わせの翻訳
・オペレータOJT教育への活用
・課題要因から解決策や提案要素の抽出
●採用・マーケティング部門
・求人広告表現、オウンドメディアコンテンツ作成・構成の提案
・Web制作・設計の支援(コーディング、サイトレイアウト、仕様書作成など)
●育成・支援部門
・研修プログラム開発・作成
・社内ナレッジの収集整理、活用
・応対品質の評価指標への応用

今回の実証実験では、ギブリーが提供する「法人GAI」を用い、自社業務を対象に実証実験を行う。「法人GAI」は、質問入力履歴を生成AI学習に使われない、個人情報入力時のアラート表示などの情報漏えいを抑止する機能、ID管理による利用情報の把握・分析機能が搭載されている特長を持ち、同社での導入を決定した。同技術での検証を通じて、有効な活用領域の見定めとノウハウの蓄積、利用ガイドライン作成を進め、将来的な顧客応対への活用も視野に検証を進める。

関連URL

「法人GAI Powered by GPT-4」
ギブリー
TMJ

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る