Global Hope、AI補助金採択診断ツール(β版)の無料キャンペーン開始

補助金採択率測定AIツールを提供しているグローバルホープは8日、新型コロナの影響を受けている事業者が新型コロナ関連政府支援を迅速かつ確率高く補助金が受けられるよう無料でAI補助金採択診断ツールの利用を受け付けると発表した。2021年1月末まで。

AI補助金採択診断ツール(β版)とは、公表されている補助金採択社の点数分析を行い、これから申請する事業者の申請書を点数分析し、採択率をAIで判定するもの。

また、採択率があがる、採択率が高い点数の分布図と比較して、申請書がどこに位置しているのか、どういう審査点を強化していけば良いのかなどのアドバイスを無料で行うという。

ものづくり補助金とは、通常1000万~2000万円(補助率 1/2~ 3/4)の補助が受けれる中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するもの。

関連URL

サンプル診断リンク
申し込み・問い合わせフォーム

関連記事

注目記事

  1. 2021-7-21

    オルツ、ビデオ会議にリアルタイムで翻訳字幕を表示できる「AI翻訳」をリリース

    デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは21日、ビデオ会議にリアルタイ…
  2. 2021-7-20

    AIポータルメディア「AIsmiley」、AIサービス導入企業へのインタビュー記事配信開始

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  3. 2021-7-16

    AIとAR搭載のドライブレコーダーアプリ『AiRCAM』のiOS版を提供開始

    ナビタイムジャパンは16日、AIとARを搭載したドライブレコーダーアプリ『AiRCAM』(エアカム)…
  4. 2021-7-14

    内閣府、最先端科学技術を200点以上展示した「Society 5.0科学博」が開幕

    内閣府は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)との共同主催で、Society 5.0の実現に資するあら…
  5. 2021-7-13

    スペクティ、AIで出雲市の浸水被害を3Dマップにシミュレーション

    防災テックベンチャーのSpecteeは13日、島根県出雲市で2021年7月12日に発生した河川の氾濫…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る