オリックス、AI画像分析のスタートアップRidge-iと資本業務提携

オリックスは1日、画像解析などAI(人工知能)技術によるシステム開発・コンサルティングを手掛けるスタートアップであるRidge-i(リッジアイ)と資本業務提携したと発表した。

リッジアイは、製造業や情報通信、インフラなど幅広い分野の企業や公共団体に対して、課題の見える化からAIを活用したソリューションの開発、実用化支援までを行うスタートアップ企業。

高精度のセグメンテーション(領域分割)などの画像・信号処理技術や少数データでも実用可能な機械学習技術などを有している。大手通信事業者や大手金融機関で新規事業の立ち上げやシステム開発を経験し、ビジネスと先端テクノロジー両面の知識・経験をもつ現代表の柳原尚史氏が2016年に創業し、顧客の本質的な課題を明確にするコンサルティング力に強みを有しているという。

本提携により、オリックスは、グループ内のAI技術の利活用を推進し、生産性の向上や業務効率化を図る。加えて、映像データを活用した新たな商品・サービスを開発し、全国の中小企業に対して経営課題の解決となる実用的なAIソリューションの提供を目指すという。

関連URL

リッジアイ

オリックス

関連記事

注目記事

  1. 2022-5-17

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る