日本水中ドローン協会、「水中ドローン未来予想図2021」をオンライン開催

日本水中ドローン協会(事務局:スペースワン)は、水中ドローンの今を知り、未来に活かすための試みとして「水中ドローン未来予想図2021」を1月27日にオンライン開催する。

近年注目を集め、急成長が見込まれる水中ドローン業界の最新動向解説、さらに水中ドローンのこれからを専門家の視点で徹底予測する。

海は地球上の70%以上を占めているが、人類がこれまでに調査できているのは全体のたった5%。近年、注目度が一気に高まってきたのが「水中ドローン」で、2022年には世界で5800億円市場へ成長するとも言われている。

日本水中ドローン協会は、水中事業(水産業・水中土木工事・調査・点検)の課題に対し、「水中ドローン」というツールを利活用した新たな水中産業のため、環境整備と社会実装できる人材の育成を推進する。また、水中ドローンを用いたIT漁業・スマート水産業に向けた、水中ドローンの最適な運用に関しての研究活動を行い、水中ドローン分野の健全な発展に貢献することを目指すという。

開催概要

開催日:2021年1月27日(水)
開催時間:16:00~18 : 00
開催場所:オンライン(Zoom)
参加人数:100名(先着順 事前申込制)
参加費:一般 2000円/協会会員無料

一般の申込 

関連URL

スペースワン

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る