「ロボデックス -ロボット [開発]・[活用] 展-」に「サポートジャケット Ep+ROBO」を出品

アシストスーツを開発・展開するユーピーアールは、1月20日から22日の3日間にわたり東京ビッグサイト 青海展示棟にて開催される、「第5回 ロボデックス -ロボット [開発]・[活用] 展-」に出展する。

同社は現場作業員の腰の負担を軽減するため、2010年からアシストスーツの開発に携わり、自社開発製品から他社製品の代理販売含め、これまでに1万5000着以上の販売実績がある。

近年、モーターなどの動力を使用しない無動力型のアシストスーツが徐々に普及してきたが、現場から「もう少しサポート力のある製品が欲しい」との声が増え、動力型のアシストスーツの開発に着手した。

同社が2年をかけて開発した「サポートジャケット Ep+ROBO」は、従来のアシストスーツの課題であった高価格と重量負荷を削減した製品で、現場作業員の願いに応え動力型アシストスーツ最軽量クラスを実現した。

「第5回 ロボデックス -ロボット [開発]・[活用] 展-”」では、同社が今までオープン価格で販売していた「サポートジャケット Ep+ROBO」の販売価格を改定し、メーカー希望小売価格59万8000円(税別)とした。

また、「サポートジャケット Ep+ROBO」のほか、ATOUNが開発した「ATOUN MODEL Y + kote」と「HIMICO」を、出品する。

関連URL

「第5回 ロボデックス -ロボット [開発]・[活用] 展-」

「サポートジャケット Ep+ROBO」

ユーピーアール

関連記事

注目記事

  1. 2022-5-17

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る