横浜・関内に分身ロボット「OriHime」を活用した障がい者就労啓発施設がオープン

横浜市は4日、横浜・JR関内駅北口高架下に障がい者就労啓発施設として「caféツムギstation at Yokohama Kannai」が2月8日オープンすると発表した。

この施設では、カフェの運営を通じて、市所有の建物を活用した障がい者雇用の場の創出、障がい者就労に関する情報発信など、市民や企業等の理解を促進する活動を行う。

店舗の運営はJR東日本フーズが担う。また、オリィ研究所の狭量で、分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を活用することにより、障がい者の新たな働き方を提案する。

関連URL

横浜市

関連記事

注目記事

  1. 2022-6-27

    仕事はもっと効率化できる!個人・企業向けAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」

    【PR】 仕事を効率的に進めるために、「どのように対処すればいいのか」と悩んでいる人も多いではない…
  2. 2022-6-25

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る