ジェナ、AIチャットボット「hitTO」が「カオナビ コネクテッドパートナープログラム」に参画

社内向けAIチャットボット「hitTO(ヒット)」を提供するジェナは4日、タレントマネジメントシステム「カオナビ」を運営するカオナビが提供する「カオナビ コネクテッドパートナープログラム」に参画したと発表した。これにより、人事部門の課題解決や人事部門を起点とした企業全体の生産性向上にこれまで以上に貢献するとしている。

AIチャットボット市場シェアNo.1*1の「hitTO(ヒット)」は、大手企業の人事部門を中心に採用されている社内向けAIチャットボット。人事に関する定型的な質問をご担当者の代わりにチャットボットが対応することで、人事などバックオフィス部門の対応工数の削減に貢献する。また、「聞きづらいことでも気軽に聞ける」チャットボットの利点は、従業員エンゲージメントを向上させるだけでなく従業員の潜在的ニーズの可視化を実現し、人事制度や中長期施策の改善に活かすことも可能。さらに、チャットボットの活用を通じて人事部門のシゴトのナレッジを体系化できるだけでなく、従業員様が人事制度や社内のルールに触れやすい環境をつくり、人事部門と従業員間のスムーズな情報共有を実現する。

このように、人事部門を起点に社内のコミュニケーションを活性化させる社内向けAIチャットボット 「hitTO(ヒット)」は、人材情報を一元管理して可視化することで、最適な人材配置や抜擢といった戦略的なタレントマネジメントの実現を支援する「カオナビ」との親和性が高いことからこの度、「カオナビ コネクテッドパートナープログラム」に参画した。

「カオナビ コネクテッドパートナープログラム」は、カオナビが発表した「人材データプラットフォーム構想」の実現に向け、HRテックカンパニーを中心とした様々な企業やサービスとの連携・協業を深めることを目的としたプロジェクト。

その中における「コラボレーションパートナー」は、「カオナビ」とのサービス連携や共同研究、マーケティング連携などでシナジーを高め、市場の活性化を図っていくパートナーだという。

*1:出典 調査研究レポート 業務自動化ツール市場マーケティング分析2019年5月 株式会社テクノ・システム・リサーチ調べ

関連URL

「カオナビ コネクテッドパートナープログラム」

「hitTO(ヒット)」

ジェナ

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る