Report Ocean、スマートロボット市場は2024年までに約39%のCAGRで成長

Report Oceanは5日、世界のスマートロボット市場は、2020年から2024年の予測期間中に約39%のCAGRで成長すると推定されていると発表した。分析によると、世界市場は2024年末までに202.8億ドル成長すると推定されているという。

世界のスマートロボット市場の成長は、商業レベルと住宅レベルの両方での自動化の需要の増加、人件費の増加、合併と買収活動の数の増加、世界中の自動化業界への投資の増加など、さまざまな要因によって推進されている。

世界のスマートロボット市場は、製品とソリューションに基づいて分割されている。これらの市場セグメントはさらに次のように分類される。

製品セグメント別:
パーソナルサービスロボット
プロフェッショナルサービスロボット
協働ロボット
ソリューションセグメント別:
ソフトウェア
サービス
ハードウェア

スマートロボットは、自動化された作業、作業の正確さと効率、タスクの完了に必要な時間の短縮、人件費の低さなどのさまざまな利点により、自動車、ヘルスケア、家庭用電化製品、産業などのさまざまな業界で採用されている。スマートロボットの成長の可能性の高まりは、ベンチャーキャピタリストからの多額の投資を引き付けている。世界中の企業は、製品の品質を高め、生産性を向上させ、人件費を削減するために、主に自動化に焦点を合わせている。

そのため、企業は、分析、機械学習(ML)、人工知能(AI)を備えたプロ仕様のロボットや協働ロボットの形でスマートロボットを選択している。したがって、スマートロボット市場は予測期間にわたって大幅な成長を記録すると予想される。

市場調査によると、アジア太平洋地域のスマートロボット市場は収益シェアの面で最大の市場を占めている。地域の成長は、工場やホームオートメーションへのユーザーの注目の高まりや、接続されたデバイスの人気の高まりなど、いくつかの主要な要因に起因している。さらに、スマートロボット市場の地域的成長において、韓国、日本、中国が重要な役割を果たしており、世界中の他の地域よりも急速に成長すると推定されている。

調査の会社概要セクションには、調査レポートの会社概要部分を詳しく説明するさまざまなサブセクションが含まれている。サブセクションには、会社の概要、製品ポートフォリオ、SWOT分析、戦略的開発、および財務実績が含まれる。調査研究に含まれる主要な主要企業のいくつかは次のとおり。

安川電機、ソフトバンクグループ、シンガポールテクノロジーエンジニアリング、オムロン、美的集団、KION Group AG、iRobot Corp.、ファナック、Amazon.com Inc.、ABBLtd。

関連URL

無料のサンプルページをリクエスト

Report Ocean

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-19

    人機一体、直感的な操作システム搭載人型重機が JR西日本の鉄道設備メンテナンスに導入

    人機一体は17日、同社のロボット工学技術が搭載された初めての製品となる「多機能鉄道重機」が、7 月か…
  2. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  3. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  4. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  5. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る