AI・IoTプラットフォーム「OPTiM Cloud IoT OS」、無償提供を開始

オプティムは20日、AI・IoTプラットフォームサービス「OPTiM Cloud IoT OS」の無償トライアル環境の提供を開始した。

オプティムでは、「OPTiM Cloud IoT OS」を建設・医療・農業を始めとしたさまざまな産業向けに提供してきた。プラットフォーム構築やプラットフォーム上でのアプリケーション開発・販売を通して、より多くの人にAI・IoTを活用してもらうため、今回「OPTiM Cloud IoT OS」の無償トライアル環境の提供を開始した。無償トライアル環境では、開発チュートリアルに沿って「OPTiM Cloud IoT OS」上でのサービスの開発・販売の流れを体験し、独自のアプリケーションも開発できる。

「OPTiM Cloud IoT OS」のトライアル環境は、誰でも3カ月間無償で利用することができる。また、トライアル環境で開発したアプリケーションは、「OPTiM Cloud IoT OS」のStore上で販売することが可能。

また、今回「OPTiM Cloud IoT OS」の無償トライアル環境の提供と同時に、「OPTiM Cloud IoT OS」の最新バージョンアップを行った。最新バージョンの主な新機能は「認証利便性・セキュリティ強化」「デバイス管理機能強化」「映像ストリーミングAPI追加」など。

関連URL

トライアル環境の詳細 
「OPTiM Cloud IoT OS」
オプティム

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-9-26

    RPAとAIの祭典「NTTDATA WinActorラウンジ2020」10月9日開催

    「WinActorラウンジ」は、これまでWinActorユーザーのみに限定開催され、例年2000名以…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る