Report Ocean、医療用ロボット市場は2027年まで16.5%のCAGRで成長すると予想

Reportocean.comは9日、新しいレポート「医療用ロボットの市場調査レポート」を追加しした。 成長ドライバー、市場機会、課題、競争環境、医療用ロボット業界の脅威など、主要な市場のダイナミクスに焦点を当てている。

世界の医療用ロボット市場は2019年に約50.6億米ドルと評価され、2020年から27年の予測期間にわたって16.5%を超える健全な成長率で成長すると予想されている。

医療用ロボットは、患者ケアの全体的なプロセスを改善するために、主に病院の内外で使用される専門的なサービスシステム。このシステムは、患者をより直接的にケアできる他の手術に時間を費やす代わりに、医療スタッフの作業負荷を軽減するのに役立つ。医療用ロボットの用途は、主に、院内感染を減らすための遠隔介護用消毒ロボット、より正確かつ効率的に採血できるロボットの提供に見られる。

低侵襲手術(MIS)の需要の世界的な増加は、痛みの軽減、切り傷の減少、安全性の向上、回復期間の短縮など、システムの特定の利点のために高まっている。たとえば、iDataのロボット手術統計によると、2017年には、低侵襲手術が米国で行われたロボット手術全体の約86%を占めていた。したがって、この要因は、世界中の医療用ロボット市場への採用を強化する可能性がある。さらに、腹腔鏡手術を実行するための手術ロボットのより高い効率と、市場に継続的に導入されているより高度で新しい技術は、市場の成長を促進しる。

たとえば、統計予測によると、2016年、2017年、2025年の外科用ロボットの推定世界市場規模は45億米ドルから約126億米ドルに増加します。ただし、ロボット指向の手術は低侵襲手術よりも高価であり、2020年から2027年の予測期間にわたって市場の成長を抑制する要因の1つだという。

世界の医療ロボット市場の地域分析は、アジア太平洋、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の世界などの主要地域について検討されている。アジア太平洋地域は、慢性疾患の増加と日本と中国の主要市場からの需要により、市場シェアの点で世界をリードする/重要な地域。北米も、病院のロボット、外科用ロボットなどの最終用途のアプリケーションが急速に増加しているため、2020年から2027年の予測期間にわたって最高の成長率/ CAGRを示すと予想されている。

関連URL

無料のサンプルページのリクエスト

Report Ocean

関連記事

注目記事

  1. 2021-5-6

    AIポータルメディア「AIsmiley」、音声認識AIの比較表資料を無料配布

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  2. 2021-4-27

    AIポータルメディア「AIsmiley」が顔認証AIカオスマップを公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  3. 2021-4-22

    八芳園、ソフトバンクロボティクスの配膳・運搬ロボット「Servi」活用を推進

    八芳園は22日、ソフトバンクロボティクスと相互に連携し、ソフトバンクロボティクスの手掛ける配膳・運搬…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る