予測AI開発に特化するAIベンチャーROXがAI受託開発を開始

ROXは23日、顧客ニーズに合わせた独自AIの受託開発を開始したと発表した。

ROXは、正確な荷物数予測に基づいた配車計画と管理に着目した物流予測AIや、店舗型ビジネスにおける業務効率化の一翼を担う来店客数予測AIの開発が評価され、複数のコンテストで賞を受賞してきた

そこで、同社は「AIを自社開発できる確かな技術力」と、「様々なAI活⽤⽅法の相談に応じてきた経験」を活かし、顧客のビジネスに合わせたAIの受託開発を開始した。

同社の強みである修士号以上を取得した精鋭技術メンバーが、「ワンストップAIベンダー」として、AI研究とシステム化までを確実に対応するという。

予測AIが活用できる分野・業務
| リテールビジネス
・需要予測(購買金額予測)
・在庫・仕入れ数の予測
・商品価格予測(ダイナミックプライシング価格最適化)など

| マーケティング
・解約予測
・クロスセル・アップセル予測
・購買につながりやすい会員属性の予測など

| 金融
・貸し倒れ率の予測
・不正行動
・金融商品の需要予測、解約予測など

| 保険
・商品購入率予測によるダイナミックプライシング
・保険金請求額の予測
・見込み顧客の契約率予測など

| 製造業
・機器の故障予知
・在庫最適化
・勘に頼らない生産計画の策定など

無料見積 

関連URL

ROX

関連記事

注目記事

  1. 2021-4-16

    Bodygram、AI採寸テクノロジーが健康増進アプリ「QOLism(キュオリズム)」に採用

    Bodygram Japan(ボディグラム・ジャパン)は16日、QOLeadが提供する健康増進アプリ…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る