CAMEL、ワクチンに関する質問にも対応 新型コロナAIチャットボットを無償提供

CAMELは25日、新型コロナの質問に特化したAIチャットボットを開発し、全国の地方公共団体に無償提供を開始したと発表した。

急増する新型コロナ禍の状況下で、同社のAIチャットボット『Edia』を利用している全国79の地方公共団体で集積したログデータを解析し、新型コロナに特化したAIチャットボットを開発した。

住民サービスや職員の負担軽減に少しでも役立つため、全国の地方公共団体に、この新型コロナに特化したAIチャットボットを無償で提供する事にしたという。

■チャットボットの仕様
・選択肢に応じて正確な回答を返せる「シナリオ型」なので、間違った回答の心配がない。
・地方公共団体のホームページにバナー画像を貼り付けるだけで利用できる。
・地域住民はパソコン、スマホ、タブレット、またLINEなどでも閲覧できる。
・搭載しているQ&A数は約350項目ある。(2021年2月1日現在、随時増加中)
・導入した地方公共団体の作業は、例題解答を編集するだけで簡単に利用できる。
・問合せ数(応答数)は無制限。
・外国語に対応している。
(英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、フランス語、タイ語、スペイン語、ベトナム語、インドネシア語、ポルトガル語、タガログ語、ネパール語)
・オリジナルのキャラクターを使用できる。

■主なQ&A
・ワクチン接種について
・感染者の状況は
・検査可能な医療機関について
・感染予防・対策について
・支援情報について
など約350項目

関連URL

新型コロナAIチャットボットを使ってみる(DEMO)

申込フォーム

CAMEL

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る