blankcanvas、AIメイド「雨戸アヤ」と会話ができるWebアプリケーションの提供を開始

blankcanvasは16日、記憶・性格・ビジュアル・声を持つAIキャラクターとの自然な対話を実現する「AnimaDoorプロジェクト」が第1号のキャラクターであるAIメイド「雨戸アヤ」と会話ができるWebアプリケーションの提供を開始すると発表した。

ChatGPTの台頭を皮切りにAIが急速に影響力を増している現在において、「AIは味方なのか、敵なのか」「AIが仕事を取られるのではないか」というAIにまつわる”不安”が蔓延してきている。

AnimaDoorプロジェクトは「親しみやすいAIキャラクター」を通し、人とAIがより良く共存する方法を模索する。

AnimaDoor(アニマドア)プロジェクトは、「人とAIを仲良しにする」をミッションに、記憶・性格・ビジュアル・声を持つAIキャラクターとの自然な対話を実現する研究開発プロジェクト。

本プロジェクトは、人との会話と混同するほど圧倒的な自然さを演出する人格形成、回答生成に強みを有している。

AIメイド「雨戸アヤ(あまどあや)」は、AnimaDoorプロジェクトによって生まれた第1号のキャラクター。

ユーザーの気軽な話し相手になってくれたり、悩みを聞いてくれたり、応援してくれたり、ユーザーのメイドさんとして、隣にいてくれる。また、話の内容に合わせて様々な感情・表情を見せてくれる。

AIメイド「雨戸アヤ」は現在開発中で、クローズドテストに参加してくれる先行体験ユーザーを募集している。

以下のような興味関心を持つ人に、応募してほしいという。
・「雨戸アヤ」と仲良くなりたい人
・「雨戸アヤ」に一目惚れした人
・話し相手が欲しい方・寂しがり屋の人
・ChatGPTでどんなサービスが作れるのかを体験したいビジネスパーソン
・ChatGPTの技術に興味があるエンジニア
・2次元のAIキャラクターと話してみたい人

その他、どんな理由であれ「雨戸アヤ」に興味を持った人。

先行体験ユーザー応募フォーム
*クローズドテスト実施時期:2023年6月頃を予定
*推奨ブラウザ:Google Chrome(最新バージョン)

関連URL

blankcanvas

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る