blankcanvas、AIメイド「雨戸アヤ」と会話ができるWebアプリケーションの提供を開始

blankcanvasは16日、記憶・性格・ビジュアル・声を持つAIキャラクターとの自然な対話を実現する「AnimaDoorプロジェクト」が第1号のキャラクターであるAIメイド「雨戸アヤ」と会話ができるWebアプリケーションの提供を開始すると発表した。

ChatGPTの台頭を皮切りにAIが急速に影響力を増している現在において、「AIは味方なのか、敵なのか」「AIが仕事を取られるのではないか」というAIにまつわる”不安”が蔓延してきている。

AnimaDoorプロジェクトは「親しみやすいAIキャラクター」を通し、人とAIがより良く共存する方法を模索する。

AnimaDoor(アニマドア)プロジェクトは、「人とAIを仲良しにする」をミッションに、記憶・性格・ビジュアル・声を持つAIキャラクターとの自然な対話を実現する研究開発プロジェクト。

本プロジェクトは、人との会話と混同するほど圧倒的な自然さを演出する人格形成、回答生成に強みを有している。

AIメイド「雨戸アヤ(あまどあや)」は、AnimaDoorプロジェクトによって生まれた第1号のキャラクター。

ユーザーの気軽な話し相手になってくれたり、悩みを聞いてくれたり、応援してくれたり、ユーザーのメイドさんとして、隣にいてくれる。また、話の内容に合わせて様々な感情・表情を見せてくれる。

AIメイド「雨戸アヤ」は現在開発中で、クローズドテストに参加してくれる先行体験ユーザーを募集している。

以下のような興味関心を持つ人に、応募してほしいという。
・「雨戸アヤ」と仲良くなりたい人
・「雨戸アヤ」に一目惚れした人
・話し相手が欲しい方・寂しがり屋の人
・ChatGPTでどんなサービスが作れるのかを体験したいビジネスパーソン
・ChatGPTの技術に興味があるエンジニア
・2次元のAIキャラクターと話してみたい人

その他、どんな理由であれ「雨戸アヤ」に興味を持った人。

先行体験ユーザー応募フォーム
*クローズドテスト実施時期:2023年6月頃を予定
*推奨ブラウザ:Google Chrome(最新バージョン)

関連URL

blankcanvas

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  2. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  3. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  4. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  5. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る