請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」、「勘定奉行シリーズ」と連携開始

テクノロジーを活用した業務プロセスのデジタル化を推進するLayerXは25日、同社が提供する請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」と、オービックビジネスコンサルタント(OBC)が提供する「勘定奉行クラウド」をはじめとした「勘定奉行シリーズ」(勘定奉行)との連携を開始すると発表した。

「LayerX INVOICE」と勘定奉行の連携により、LayerX INVOICEの利用者は手入力なく仕訳データを勘定奉行に連携することができ、請求書の受領・データ化、仕訳登録、支払といった経理業務にかかる一連のプロセスの上流から下流までをシームレスにデジタル化することが可能になる。

LayerX INVOICEは、請求書の受け取り後、AI-OCRが請求書を自動でデータ化の上、仕訳データや振込データの自動作成及び会計システム連携をシームレスに実行することで経理DXを推進するサービス。

勘定奉行は、「すべての業務とつながる・ひろがる」をコンセプトにした、会計システムのSaaSクラウドサービス。

昨今の新型コロナウイルスの感染拡大に端を発した1月の緊急事態宣言の再発出により、「テレワークによる出勤者数7割減」が求められている。こうした社会情勢を踏まえ、テレワークでの業務推進・経理DXの需要に応えるべく、今回の提携にいたったという。

今回の連携により、以下が可能になるという。
・LayerX INVOICEから手入力・変換不要で勘定奉行に取り込めるCSVのダウンロード
・勘定奉行の各種マスタデータのシームレスなLayerX INVOICEへの取り込み

勘定奉行上では、LayerX INVOICEからダウンロードされた仕訳データ(CSV)をそのままインポートすることで、自動で会計帳簿、決算書、レポートを作成することができる。また、勘定奉行で利用しているマスタデータをLayerX INVOICEでも手間なく利用できることから、新たにマスタデータを登録する必要がなく、簡単にLayerX INVOICEが導入可能であり、また運用時の利便性の向上が期待できるという。

関連URL

オービックビジネスコンサルタント(OBC)

LayerX

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る