AIとARを搭載でしたドライブレコーダーアプリ 『AiRCAM』 提供開始

ナビタイムジャパンは19日、Android OS向けに、AIとARを搭載したドライブレコーダーアプリ『AiRCAM』(エアカム)を提供開始した。

本アプリは、交通事故や交通違反の削減を目的として開発したドライブレコーダーアプリ。
走行中は、映像や走行データの記録とともに、AIによるリアルタイムの画像解析で、危険や交通違反につながる運転に対して走行中に注意喚起をし、安全運転を支援。

また、見落としがちな一時停止やオービス設置場所では、ARを活用した直観的な注意喚起で交通違反や速度超過を抑制する。

さらに、安全で思いやりのある運転をAIでリアルタイムに判断し、「HAPPY DRIVEポイント」を付与。ドライバーが安全運転の価値を実感し、楽しんで続けられる仕組みにすることでさらなる意識の向上を促すという。

AIによるリアルタイムの画像解析においてはエッジ(スマートフォンアプリ側)とクラウドでの分散型AIシステムを構築し、アプリでの高度なAI処理を実現している。これにより、刻々と変わる実際の運転状況にあわせて、瞬時に、的確に、様々な警告を発することができる。また、アプリのアップデートをしなくても、常に学習し続けるAIをいつでも最新の状態で利用可能。

アプリのダウンロードは無料。2021年5月31日まですべての機能を無料で使える。今後は運転診断機能やナビゲーション機能等を追加予定で、一部機能は有料となる予定。また、iOS向けアプリも開発を検討していくという。

『AiRCAM』のダウンロード:無料 Android OS

関連URL

『AiRCAM』

ナビタイムジャパン

関連記事

注目記事

  1. 2021-7-30

    GITAI、経産省から宇宙船外汎用作業ロボットアーム・ハンド技術開発を受託

    宇宙用汎用作業ロボットを開発するGITAI Japanは30日、経済産業省から「令和2年度補正宇宙開…
  2. 2021-7-28

    KDDIエボルバ、音声AIの自動応答サービス「ボイスボット」を正式リリース

    KDDIエボルバは28日、コールセンター/コンタクトセンターにおける電話応対業務を音声AIで自動化す…
  3. 2021-7-26

    GITAI、月面作業用ロボットローバーの開発に着手 プロトタイプ1号機を公開

    宇宙用汎用作業ロボットを開発するGITAI Japanは26日、月面探査・基地開発作業を遂行可能なロ…
  4. 2021-7-21

    オルツ、ビデオ会議にリアルタイムで翻訳字幕を表示できる「AI翻訳」をリリース

    デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは21日、ビデオ会議にリアルタイ…
  5. 2021-7-20

    AIポータルメディア「AIsmiley」、AIサービス導入企業へのインタビュー記事配信開始

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る