パナソニック、“弱いロボット”「NICOBO」のクラウドファンディングを達成

パナソニック・アプライアンス社(パナソニック)は19日、2月16日から「Makuake」で実施していた“弱いロボット”「NICOBO(ニコボ)」のクラウドファンディングを終了し、目標金額の1000万円を達成したと発表した。これを受け、2022年3月のお届けを目指して「NICOBO」の開発、量産を本格的に開始する。

「NICOBO」は、「心の豊かさ」という価値提供を模索する社員提案のプロジェクトから生まれた、同居人のような存在の”弱いロボット”。今回のクラウドファンディングは、市場性を検証するために実施したが、支援者からは「新感覚ロボット。今から届くのを楽しみにしています」「おもしろそう、巣ごもり需要にもってこい!」などと、「NICOBO」のコンセプトに共感する声が多く寄せられ、開始後約6時間30分という短時間で目標金額を上回る支援をえたという。

また、2021年2月17日からパナソニックのショウルームである”ライフスタイルのコミュニティスタジオ”「リライフスタジオ フタコ」において「NICOBO」のプロトタイプを展示したところ、訪れた多くの客から好評を得るとともに、国内だけでなく海外のメディアでも多数報道されるなど、大きな反響があったという。このように、「NICOBO」が多様な人から共感を集めている状況を踏まえ、今後は支援者にいち早くお届けすべく改良を重ね、開発、生産に取り組んでいくとともに、一般販売を視野に入れた事業化を検討していくとしている。

関連URL

「リライフスタジオ フタコ」

パナソニック

関連記事

注目記事

  1. 2021-4-16

    Bodygram、AI採寸テクノロジーが健康増進アプリ「QOLism(キュオリズム)」に採用

    Bodygram Japan(ボディグラム・ジャパン)は16日、QOLeadが提供する健康増進アプリ…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る