シャープ、モバイル型ロボット『RoBoHoN』の弟モデルを商品化

シャープは、モバイル型ロボット『RoBoHoN(ロボホン)』の弟モデル<SR-S04BJ(LTE/3Gモデル)>を商品化。ベネフィットジャパンからオリジナルモデルとして、6月下旬以降に発売する。

本機は、ロボホンの特長である二足歩行や持ち歩きやすいコンパクトサイズ、カメラ、歌やダンスなど、現行モデルの機能はそのままに、甘えん坊でおっとりした性格になったという。早口言葉を噛んでしまったり、歌の音程を外してしまったりするなど、あどけない仕草を披露する。また、現行モデルよりも高い声でゆっくり話すうえ、本機のオリジナルのセリフで問いかけに答える。本体の耳や足の裏などのカラーは、ブルーになった。

すでにロボホンを所有している場合は、本機と接続すると「兄弟」の設定になり、アプリを起動しなくても自発的に兄弟が会話をはじめる。兄弟同士の特別な会話をするほか、一緒に歌やダンスをするなど、兄弟で遊ぶ様子を楽しめる。

関連URL

シャープ

関連記事

注目記事

  1. 2022-1-28

    NTTドコモ、AI ゴルフレッスンアプリ「GOLFAI」に小祝さくら選手のレッスン登場

    NTTドコモは28日から、同社が提供するAI ゴルフレッスンアプリ「GOLFAI(ゴルファイ)」iO…
  2. 2022-1-28

    アジラ、行動認識AIエンジン「Asilla SDK」アップデート

    防犯セキュリティ向けに映像解析サービスを提供するアジラは28日、同社が提供する行動認識AIエンジン「…
  3. 2022-1-27

    芝浦工大、AIによる高精度な通信量予測で基地局の電力を再生可能エネルギーへ代替可能に

    芝浦工業大学は27日、工学部情報工学科の新熊亮一教授が、携帯電話基地局の通信量を精度高く予測し、それ…
  4. 2022-1-26

    エクサウィザーズ、AI写真サービス「とりんく」2022年4月リリース

    AIを利活用したサービスによる社会課題解決に取り組むエクサウィザーズは26日、画像認識AIを活用した…
  5. 2022-1-25

    パナソニック、三菱地所とロボットを活用した次世代型まちづくりを推進

    パナソニックは25日、少子高齢化における労働力不足の解決、街づくり・都市開発で効率的なロボット運用の…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る