ランスタッド、新チャットボット機能やLINE応答サービス等の全国展開を発表

人材サービス企業ランスタッドグループの日本法人で総合人材サービスを展開するランスタッドは19日、2020年からパイロット稼働していた、LINE応答、チャットボット機能やウェブ面談といったデジタル・トランスフォーメーション(DX)ツール導入の全国展開を発表した。

ランスタッドは、2021年春までに顧客対応の強化を目的としたDXツールの導入を全国展開する。既に2月から求職者向けLINEサービスを全国で展開しており、パイロット導入地域においては、求職者とのコミュニケーション向上による、登録から入社までの日数の短縮化や反応率の向上といった効果が既に実証されているという。

また、3月中旬から自動応答プログラムを活用した、求職者向けチャットボット機能や、リモート需要や新型コロナ感染対策に対応したウェブ面談サービスの全国展開も予定している。

ランスタッドは、世界38の国と地域にて得たグローバルな経験や知識を活かし、最先端のテクノロジーと共に国内の雇用主と求職者をマッチングしていくとしている。

関連URL

ランスタッド

関連記事

注目記事

  1. 2021-4-16

    Bodygram、AI採寸テクノロジーが健康増進アプリ「QOLism(キュオリズム)」に採用

    Bodygram Japan(ボディグラム・ジャパン)は16日、QOLeadが提供する健康増進アプリ…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る