SDKI、「ロボット掘削市場ー世界的な予測2023年」の新調査レポート発刊

SDKI Inc.は15日、「ロボット掘削市場ー世界的な予測2023年」の新調査レポートを発刊した。

レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供する。さらに、2018~2023年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれている。

ロボット掘削市場は、2023年までに923.2 百万米ドルに達すると推定され、2018~2023年の間に7.01%のCAGRで成長すると予想される。

この市場の成長は、非在来型炭化水素資源の開発による掘削活動の増加によって推進されている。また、石油・ガスの掘削における自動化とロボット工学の採用も、市場の成長に貢献している。

ロボット掘削市場は、アプリケーション別(オンショアおよびオフショア)、インストール別(新しいビルドおよびレトロフィット)、コンポーネント別(ハードウェアおよびソフトウェア)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成される。

アプリケーションに基づいて、オンショア掘削セグメントは、2018~2023年の間により高いCAGRで成長すると予想される。

オンショア掘削セグメントは、予測期間中に高いCAGRで成長すると予想される。このセグメントの成長は、非在来型掘削活動の増加、および米国、中国、カナダなどの国でのオンショア掘削における自動化の浸透に起因する可能性がある。

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしている。北米は、米国とカナダでの掘削活動の増加により、予測期間中に世界のロボット掘削市場を支配すると推定されている。米国は北米最大の市場であり、石油・ガスの生産を増やすためのシェールガス資源の開発、および掘削における自動化とロボット工学の高い採用に焦点を当てている。カナダは北米の他の主要市場。この国には、タイトガスやシェールガスなどの従来型および非在来型の天然ガス源が豊富にあり、これらの資源を抽出するために掘削自動化技術を活用してる。

関連URL

レポートのサンプル

調査レポートの詳細内容

関連記事

注目記事

  1. 2021-10-15

    TRUST SMITH、ロボットが物体を掴む上で最適な位置を検出するアルゴリズムを実用化

    最先端のAI・ロボティクスの技術を活用したソリューション提供を行うTRUST SMITHは15日、ロ…
  2. 2021-10-14

    QX PJ、量子コンピュータで空飛ぶクルマの交通制御の性能向上を実現

    量子コンピュータの力で社会を変革することを目指すQuantum Transformation Pro…
  3. 2021-10-12

    アイスマイリー、営業活動を自動化する「営業支援AIカオスマップ」を公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  4. 2021-10-11

    空色、青山商事のAIチャットボットスナックママ「よしこ」相談件数8万件突破

    空色は11日、同社が開発し青山商事に7月提供開始した、コロナ禍での若者の悩み相談を受けるAIチャット…
  5. 2021-10-7

    アイスマイリー、AIポータルメディア「AIsmiley」をフルリニューアル

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る