SDKI、「ロボット掘削市場ー世界的な予測2023年」の新調査レポート発刊

SDKI Inc.は15日、「ロボット掘削市場ー世界的な予測2023年」の新調査レポートを発刊した。

レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供する。さらに、2018~2023年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれている。

ロボット掘削市場は、2023年までに923.2 百万米ドルに達すると推定され、2018~2023年の間に7.01%のCAGRで成長すると予想される。

この市場の成長は、非在来型炭化水素資源の開発による掘削活動の増加によって推進されている。また、石油・ガスの掘削における自動化とロボット工学の採用も、市場の成長に貢献している。

ロボット掘削市場は、アプリケーション別(オンショアおよびオフショア)、インストール別(新しいビルドおよびレトロフィット)、コンポーネント別(ハードウェアおよびソフトウェア)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成される。

アプリケーションに基づいて、オンショア掘削セグメントは、2018~2023年の間により高いCAGRで成長すると予想される。

オンショア掘削セグメントは、予測期間中に高いCAGRで成長すると予想される。このセグメントの成長は、非在来型掘削活動の増加、および米国、中国、カナダなどの国でのオンショア掘削における自動化の浸透に起因する可能性がある。

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしている。北米は、米国とカナダでの掘削活動の増加により、予測期間中に世界のロボット掘削市場を支配すると推定されている。米国は北米最大の市場であり、石油・ガスの生産を増やすためのシェールガス資源の開発、および掘削における自動化とロボット工学の高い採用に焦点を当てている。カナダは北米の他の主要市場。この国には、タイトガスやシェールガスなどの従来型および非在来型の天然ガス源が豊富にあり、これらの資源を抽出するために掘削自動化技術を活用してる。

関連URL

レポートのサンプル

調査レポートの詳細内容

関連記事

注目記事

  1. 2021-7-21

    オルツ、ビデオ会議にリアルタイムで翻訳字幕を表示できる「AI翻訳」をリリース

    デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは21日、ビデオ会議にリアルタイ…
  2. 2021-7-20

    AIポータルメディア「AIsmiley」、AIサービス導入企業へのインタビュー記事配信開始

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  3. 2021-7-16

    AIとAR搭載のドライブレコーダーアプリ『AiRCAM』のiOS版を提供開始

    ナビタイムジャパンは16日、AIとARを搭載したドライブレコーダーアプリ『AiRCAM』(エアカム)…
  4. 2021-7-14

    内閣府、最先端科学技術を200点以上展示した「Society 5.0科学博」が開幕

    内閣府は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)との共同主催で、Society 5.0の実現に資するあら…
  5. 2021-7-13

    スペクティ、AIで出雲市の浸水被害を3Dマップにシミュレーション

    防災テックベンチャーのSpecteeは13日、島根県出雲市で2021年7月12日に発生した河川の氾濫…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る