鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数と作業時間を、リアルタイムかつ正確に、自動で把握できるシステムを開発したと発表した。

今般、本システムを橋梁の建設現場に導入し、その効果を実証した。また、技能者の人数と作業時間を工事出来高と連携させることで、正確な歩掛(ぶがかり)とその変動を瞬時に算出できることを確認した。

建設業は慢性的な人手不足および技能者の高齢化という課題を抱えている。さらに2024年4月からは時間外労働時間の上限規制が適用されることもあり、建設現場の生産性向上は急務となっている。生産性向上のためには、一つひとつの作業にかかる歩掛を正確に把握することが重要。従来、詳細な歩掛調査は、複数名の調査担当者が作業エリアで、作業ごとに技能者の人数と作業時間を記録する手法を採っていた。しかし、膨大な労力と時間を要するため担当者の負担が大きく、調査できる現場数には限りがあった。また、近年はICTの進化により人、資材、建設機械の位置や稼働状況を常時把握できるようになるなど「現場の見える化」が進んでいるものの、歩掛については正確なデータを自動で取得するには至っていない。

本システムは、建設現場に常設している固定カメラの映像を画像AIを活用した同社独自のシステムで解析することで、作業に関わる技能者の人数と作業時間を把握するもの。解析は分単位で行えるため、指定した作業エリア内の技能者の延べ作業時間を正確に計測できる。また、作業期間を指定し、工事出来高と連携させることで、正確な歩掛を自動的に算出することが可能だという。

本システムの特長は、次の5つ。
1. 死角となる場所があるなど、1台のカメラで作業エリアをカバーできない場合は、複数台のカメラを連携させることで指定した作業エリアをカバーできる
2. 異なるカメラに同一技能者が映った際には、独自の解析アルゴリズムにより識別判定して技能者の正確な人数を把握できる
3. 技能者は測位のための発信機等を所持する必要がない
4. 市販のカメラをそのまま使うことができる
5. カメラ映像および画像解析結果は自動的に社内のクラウドサーバー上に保存されるため、セキュリティが確保されるとともに、現場から離れた本社や支店からも確認できる

作業エリアを設定した撮影状況(赤枠は画像AIが認識・検出した技能者、青枠は技能者の人数カウントを行う作業エリア)

 

出来高と連携して自動算出される歩掛イメージ

本システムを橋梁の建設現場に導入した結果、指定した作業エリア内の技能者の人数と作業時間を、リアルタイムかつ正確に、自動で把握できることを確認した。また、これまで複数名の調査担当者が一定の期間、作業に立ち会い、記録していた歩掛調査を無人化できる。

これらにより、多くの現場で正確な歩掛を把握することが可能となり、そのデータを集約・分析することによって、今後の作業計画にフィードバックさせる等、さらなる生産性の向上に繋げることができる。

関連URL

鹿島

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  2. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  3. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  4. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  5. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る