AI搭載の大腸内視鏡画像診断支援プログラム「EndoBRAIN-EYE」、薬機法の一部変更承認取得

サイバネットシステムは20日、人工知能(AI)を用いて大腸内視鏡診断における病変の検出を支援するソフトウェア「EndoBRAIN-EYE(エンドブレインアイ)」の機能強化を実施し、3月29日に医薬品医療機器等法(薬機法)の一部変更申請の承認を取得したと発表した。

EndoBRAIN-EYE は、オリンパス製の汎用型大腸内視鏡で撮影された画像をAI が解析し、病変を検出すると警告を発して医師による病変の発見を補助するソフトウェア。昭和大学横浜市北部病院消化器センターの工藤進英教授、名古屋大学大学院情報学研究科の森健策教授らのグループと共同で開発され、2020年に医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」に基づき、クラスII・管理医療機器として承認(医療機器承認番号30200BZX00208000)された。

今回強化された主な機能は、「病変の発見に寄与するユーザーインターフェースの強化」「AI の機械学習用の内視鏡画像の追加による精度向上」「AI の解析に適さない観察条件の自動認識機能の追加」「対応する内視鏡システムの追加」など。

関連URL

EndoBRAINシリーズ

サイバネットシステム

関連記事

注目記事

  1. 2022-1-14

    AIsmileyとSkillup AI、AI検定学習サービスカオスマップを公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができる AI ポータルメディア「AIsmiley」を運営 する…
  2. 2022-1-13

    セコム、AI活用でバーチャルキャラクターが警戒・受付業務を提供するシステムを発売

    セコムは13日、AIを活用し警戒監視や受付業務などを行う「バーチャル警備システム」を販売開始した。 …
  3. 2022-1-12

    「メディア博士」、AI自動音声変換機能をアップグレード

    博士.comは12日、同社が提供する、ビジネス動画製作・クラウド動画作成ツール「メディア博士」が、A…
  4. 2022-1-11

    RevComm、音声解析AI電話MiiTel3周年記念 無償トライアルキャンペーンを実施

    RevCommは11日、同社が開発、提供する音声解析AI電話MiiTel(ミーテル)の3周年を記念し…
  5. 2022-1-6

    アイスマイリー、「製造業・建築業向けの画像認識AI」テーマにウェビナーを27日開催

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る