パイオニアと広島大、聴診音解析AIを応用した共同研究がAMED開発事業に採択

パイオニアは10日、広島大学の志馬 伸朗教授を代表者とする「呼吸音遠隔モニタシステムに関する研究開発」が、日本医療研究開発機構(AMED)が公募する「ウイルス等感染症対策技術開発事業」に採択されたと発表した。

本公募は、感染症の課題解決につながる研究開発や、「新型コロナウイルス感染症」対策として現場のニーズに対応した機器・システムの基礎研究・実証・改良研究を支援することを目的としており、その一つとして採択された本研究開発には、同社の電子聴診器および聴診音解析AI技術が用いられている。

パイオニアは、主力のカーエレクトロニクス事業のほか、独自の光・音・映像技術を用いた医療・健康機器関連事業を展開しており、2013年から広島大学大学院医系科学研究科救急集中治療医学と、医療現場における聴診の課題を解決するための共同研究を行っている。

同社はこれまで、広島大学との共同研究活動を通じて、電子聴診器を用いた呼吸音を可視化できる解析システムの技術を開発してきた。本研究開発では、それらの技術を基に、重症患者や経過観察中の軽症患者のケアにおいて、医療従事者の感染リスクを抑制するために、患者に接触することなく呼吸状態を定期的に観察して重症化兆候を捉え、迅速かつ的確な処置・介入判断を行うための評価手段として利用可能なシステムの開発、製品化を目指すという。

関連URL

日本医療研究開発機構(AMED)の公募に関する採択結果について
広島大学の志馬 伸朗教授による「呼吸音遠隔モニタシステムに関する研究開発」について
パイオニアの医療・健康機器関連事業について
パイオニア

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-12

    Kenneth Research、「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」発刊

    Kenneth Researchは10日、調査レポート「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る