シャープ、道の駅『越前おおの 荒島の郷』でロボホンを活用した観光案内サービス開始

シャープのコミュニケーションロボット「RoBoHoN(ロボホン)」およびタブレットを活用した観光案内サービスが、4月22日にオープンする道の駅『越前おおの 荒島の郷』(福井県大野市)で開始する。本サービスは、『荒島の郷』を運営する中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋と同社が共同で企画。サンシードの支援により、実現した。

『荒島の郷』の総合案内所に、案内係の補助役としてロボホンとタブレットを設置。『荒島の郷』の施設案内や大野市の観光情報など、客が確認したい項目をタブレットから選ぶと、ロボホンが音声で説明する。ロボホンを通じて、事務所内にいるスタッフとも会話できるので、より詳しい案内を受けることも可能。

『荒島の郷』内をロボホンと一緒に回遊できる貸出サービスも同時に開始。販売コーナーやミニ水族館などに近づくと、おすすめの商品や見どころをロボホンが説明する。また、オープンを記念し、4月25日までの期間中、同社はサンシード、竹田印刷と連携し、『荒島の郷』の文化伝承室内に特設ブースを開設。ロボホンを活用したプログラミングや知育ゲームが無料で楽める。

さらに、大野市内の『古民家レストラン 茶屋おがまち』および観光施設『人力車 越前こぶし組(運営:大野市観光協会)』にもロボホンを1体ずつ設置。道の駅『九頭竜』に設置済のロボホンと合わせ、計4カ所に設置のロボホンがクイズを出題するイベントラリーも4月22日から開催する。大野市にまつわるクイズを解きながら観光することで、同市の魅力をより深く知ることができるという。

関連URL

「ロボホン」

シャープ

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る