ジオマーケティング、「FUNDINNO」で5月8日から募集による投資申込み受付開始

データサイエンスの力で「地域のポテンシャルを可視化する」をミッションに、商業施設のためのジオマーケティング(地域・立地に関する深い洞察に基づいたマーケティング)を提供するジオマーケティングは28日、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で、5月8日から募集による投資申込みの受付を開始すると発表した。

ジオマーケティングは、日本全国の商業不動産マーケティングで蓄積してきたノウハウをベースにしたAIアルゴリズムによって商業不動産の高付加価値化を実現するためのプラットフォーム「gleasin(グリーシン)」を開発した。

これにより、非公開の商業区画情報を流通させてテナント誘致を支援し、新進、ニッチ、ローカルなブランドにも出店機会を提供することができる。またgleasinはビッグデータ、AIを活用しており、立地と世界観を評価することによって区画に最適なテナントをリコメンドする。

今回、加盟数の拡大とデベロッパーによる登録区画の拡大、仲介エージェントへのアプローチ、および商業施設の高付加価値化のための不動産関連サービスの垂直統合化と提供、開発・運営に不可欠なファイナンス面での支援の実施を目指し、株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOで、募集案内の事前開示を開始した。同社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げるという。募集期間は2021年5月8日~2021年5月10日、上限とする募集額は 6000万円(1口 10万、1人 5口まで)。

関連URL

ジオマーケティング

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る