ヴイストン、二足歩行ロボット Robovie-Z にハンドユニット搭載版を追加

ヴイストン28日は、既発売の二足歩行ロボットRobovie-Z(ロボビー・ゼット)にハンドユニットを追加した、「Robovie-Z Raspberry Pi版 ハンドユニット搭載」を発売すると発表した。

Robovie-Zは、専用に開発されたサーボモーター・ロボット制御基板・フレーム構造を採用し、メイン基板としてRaspberry Pi 4 Model B(RAM容量4GB版)を搭載した、高性能二足歩行ロボット。

今回発売する「Robovie-Z Raspberry Pi版 ハンドユニット搭載」は、既発売のRobovie-Zにハンドを開閉させる機能と肘ヨー軸を追加したバリエーションモデル。安定した歩行を実現したRobovie-Zにハンド軸が追加されたことで、より多彩なモーションを実現することができ、開発・実験用途のほか、ホビー用途や競技会用などで、これまでにない幅広い活用を行うことができるという。

本体は組み立て済みであるほか、通常版のRobovie-Zからハンドユニット搭載版への組み替えサービスも実施する。

Robovie-Zの通常版に搭載されている20軸に追加して、左右の腕に2軸ずつ(ハンド開閉軸および肘ヨー軸)のサーボモーターを搭載した。これにより、左右のハンド開閉が制御できる構造となり、小型の物体を持ち上げることが可能だという。

通常の無線コントローラーで発動するモーションとして「物体を持つ」機能を実装できるほか、Raspberry Pi基板を利用したVR操縦において活用したり、ハンド軸が前提となる競技会へ出場するなど、二足歩行ロボットとしての実用性・表現力や可能性が大きく向上した。なお、Robovie-Zは小型機体であるため、実際に保持できる物体の重量・サイズには限界がある。ハンドを開いた場合の最大幅は約50mm。

販売方法
ヴイストンの公式Webショップにて注文を受け付ける。本製品は受注生産品。
Robovie-Z Raspberry Pi版 ハンドユニット搭載 :33万円(消費税込)
製品ページ 
販売ページ
Robovie-Z ハンドユニット搭載サービス:3万3000円(消費税込み)
販売ページ

関連URL

ヴイストン

関連記事

注目記事

  1. 2021-5-12

    SEQSENSE、警備ロボット『SQ-2』経団連会館で実証実験を実施

    SEQSENSEは12日、日本経済団体連合会本部のある経団連会館で自律移動型警備ロボット『SQ-2(…
  2. 2021-5-11

    wevnal、AIでチャットボットが自動生成される新サービスが誕生

    wevnalは11日、すでに多くの企業に導入されている「BOTCHAN EFO」の新しいラインナップ…
  3. 2021-5-10

    AIポータルメディア「AIsmiley」、予測AIカオスマップ 2021で注目102製品を比較

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  4. 2021-5-6

    AIポータルメディア「AIsmiley」、音声認識AIの比較表資料を無料配布

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  5. 2021-4-27

    AIポータルメディア「AIsmiley」が顔認証AIカオスマップを公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る