メーター点検業務をAIで効率化する「KDDI IoTクラウド」を提供開始

KDDIは、GMOクラウド協力のもと、「KDDI IoTクラウド Standard」の新オプションメニューとして、AIによりメーター点検業務を効率化する「検針オプション」を6月1日から提供開始した。

製造業やビルメンテナンス業界などにおいては、複数のアナログメーターの定期的な点検・検針のために、作業員が目視でメーターを読み取り、点検簿に記入したデータを手入力して管理していることが多く、目視と手入力による作業負荷の増加や誤検針の発生などの課題がある。

本サービスは、専用アプリをダウンロードし初期設定を行ったスマートフォンからメーターを撮影するだけで、リアルタイムに正確な検針データを「KDDI IoTクラウド Standard」上へ自動で蓄積・管理することができるため、メーターの点検・検針業務を効率化する。

また、メーターのほか、温湿度センサーなどさまざまなセンサーも「KDDI IoTクラウド Standard」上で一元管理が可能なため、データ管理業務の効率化にもつながる。

なお、専用アプリで撮影したデータからAIで画像認識・検針データの読み取りを行う機能、および、自動で台帳記録する機能はGMOクラウドが提供する「hakaru.ai byGMO」を採用しているという。

関連URL

「KDDI IoTクラウド Standard 検針オプション」について

関連記事

注目記事

  1. 2020-7-15

    AIポータルメディア「AIsmiley」、AIアノテーションカオスマップ2020を公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…

ピックアップ記事

  1. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る