スタジアム、録画面接サポートAIサービスを三菱UFJ銀行が導入開始

Web面接・録画面接システム「インタビューメーカー」を提供するスタジアムは27日、エクサウィザーズと共同開発した録画面接サポートAIサービス「im AIエクスプレス選考 Powered by ExaWizards」が、三菱UFJ銀行にて導入開始されたと発表した。

三菱UFJ銀行の従来の選考フローでは、1次面接から多くの応募者の選考を実施しており、面接官の負荷およびリソース配分が課題となっていた。今回「im AIエクスプレス選考 Powered by ExaWizards」を導入することにより、過去の録画面接データを学習したAIが面接官の意思決定をサポート。人とAIの協働により1次選考における物理的な面接実行数を最適化することで、面接官のリソースを2次面接・最終面接に向けて適正に配分し、安定した判断基準の元、より公平な選考の実現を目指すという。

「im AIエクスプレス選考 Powered by ExaWizards」は、インタビューメーカーの持つ録画面接データと選考結果、エクサウィザーズが持つAIアルゴリズムと人事領域でのデータ活用ノウハウを組み合わせることにより、応募者の個性を考慮しながら「選考の効率化・高度化を実現」するサービス。

従来の選考活動ではまずエントリーシートによる選考、通過したすべての応募者に面接官が1次面接を実施、合否の判定を行ってきた。この場合、実施面接数と比例して面接官に負荷がかかってしまうこと、および面接官ごとに判断基準が揺れることで自社にマッチした応募者を見落としてしまうこと等が課題となっていた。

「im AIエクスプレス選考 Powered by ExaWizards」では、1次選考を録画面接で実施。その選考を録画面接データを学習したAIがサポートすることにより面接官の業務を省力化し、応募者との対話時間を増やすことが可能になる。

また、独自に個社の人材モデルを構築し、人物像という定性評価の合格基準を定量化・可視化することで安定した判断基準をもって選考精度を改善できるだけでなく、適性検査などの定量スコアでは見抜くことが難しかった、応募者の光る個性や人柄をより考慮した、人物本位の採用を行うことが可能になるという。

関連URL

「インタビューメーカー」

エクサウィザーズ

スタジアム

関連記事

注目記事

  1. 2022-1-17

    AI食事管理アプリ「あすけん」、DNSと食習慣を身に付けるチャレンジ企画を実施

    askenは17日、スポーツニュートリションブランド「DNS(ディーエヌエス)」を展開するDNSと共…
  2. 2022-1-14

    AIsmileyとSkillup AI、AI検定学習サービスカオスマップを公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができる AI ポータルメディア「AIsmiley」を運営 する…
  3. 2022-1-13

    セコム、AI活用でバーチャルキャラクターが警戒・受付業務を提供するシステムを発売

    セコムは13日、AIを活用し警戒監視や受付業務などを行う「バーチャル警備システム」を販売開始した。 …
  4. 2022-1-12

    「メディア博士」、AI自動音声変換機能をアップグレード

    博士.comは12日、同社が提供する、ビジネス動画製作・クラウド動画作成ツール「メディア博士」が、A…
  5. 2022-1-11

    RevComm、音声解析AI電話MiiTel3周年記念 無償トライアルキャンペーンを実施

    RevCommは11日、同社が開発、提供する音声解析AI電話MiiTel(ミーテル)の3周年を記念し…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る