AIポータルメディア「AIsmiley」、Web雑誌「コールセンター向けAI活用事例集」無料配布

人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは8日、コールセンター向けのAI活用事例をまとめたWeb雑誌「コールセンター向けAI活用事例集」を公開した。注目のAI企業5社がチャットボットや音声認識、リアルタイム文字起こしなどの活用方法を解説する。

近年、コールセンターの人手不足解決やオペレーターの業務支援、顧客の声分析などでAIを活用したソリューションが導入されている。AIチャットボットによる自動応答をはじめ、音声認識を活用した文字起こしを行い、オペレーターと顧客の会話を可視化するなどの活用方法がある。また、自然言語処理を使って、可視化された会話の文章を要約したり、オペレーターのナレッジを共有することができ、従来のコールセンター業務でAIソリューションによる課題解決が期待されている。

コールセンターにAIが導入されるべき大きな要因は、コールセンター業界が直面している深刻な人手不足だという。この問題は、正規社員が少ないため、スタッフの流動性が高く、新人研修に時間と予算がかかってしまうといったコールセンター業界の雇用の性質が関係していると言われている。現在は少ない人員でも「効率良く」運営したいという考えのもと、AIソリューションの導入を進めているコールセンター運営企業が増えてきている。

本Web雑誌ではコールセンター向けにAIソリューションを提供している注目のAI企業5社の事例を紹介する。

Web雑誌「コールセンター向けAI活用事例集」の入手方法
本雑誌の希望者は、以下問い合わせフォームのお問い合わせ内容欄に「コールセンター向けAI活用事例集」と記載の上、送信する。

問い合わせフォーム

関連URL

アイスマイリー

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る