Sparticle、革新的なチャットボット生成AIツール「GPTBase」を開発

Sparticleは12日、革新的なチャットボット生成AIツール「GPTBase」を開発したと発表した。

企業のマニュアルやナレッジ、ルールブックなどの膨大な情報を効率的に管理し、瞬時に正確な回答を提供することができるこのツールは、顧客サポートの向上や顧客満足度の向上に貢献する。

さらに、GPTBaseは多言語対応であり、24時間365日のオンライン対話を提供し、ビジネスのグローバル展開をサポートする。ビジネスや教育、金融、公共サービスなど、あらゆる分野での活用が可能。GPTBaseを導入することで、ビジネスやサービスに革新をもたらす絶好の機会だという。

東京都中央区日本橋を拠点とするAIスタートアップ企業、Sparticleは、次世代のチャットボット生成AIツールである「GPTBase」を開発した。

事前にインプットした情報を元に、GPTBaseでは瞬時に回答を返すことができる。そのため、企業のマニュアルやナレッジ、ルールブックなどの膨大な情報を管理する際に非常に役立つ。また、ウェブサイトやPDF、テキストデータをアップロードすれば、自動的に適切な回答を探し出して答える。AIの学習によって、顧客や社内の従業員へ精度の高い回答を返すことができるようになっている。

GPTBaseを活用することで、企業や個人事業主にとって以下のような利点を得ることができる。

まず、リンク共有やドキュメントアップロードをするだけで、専門家並みのチャットボットが誕生できる。チャットボットを訓練するためのデータを提供すれば、わかりやすい自然言語を用いて、顧客からの複雑な質問にも適切に答えることができる。お客様サポートセンターの負担を軽減し、顧客満足度の向上につながる。また、GPTBaseはデータセキュリティにも配慮し、ユーザーのドキュメントを暗号化し、世界で最も安全と認められているクラウドサーバーに保存している。

24時間365日、質問に答えるAIアシスタントを提供することができる。GPTBaseを活用することで、顧客にパーソナライズされたオンライン対話を提供することができ、いつでもどこでも、顧客の疑問を理解し、顧客の不安や悩みを払拭して、より良い顧客体験を提供することができる。

さらに、GPTBaseは多言語対応であり、ビジネスをグローバルに展開することができる。現在、GPTBaseは約95の言語をサポートしており、どの言語でもチャットボットに質問することができる。

最後に、GPTBaseはビジネスの現場だけでなく、教育、金融、公共サービスなど、あらゆる分野で活用できる。同社は、GPTBaseを通じて、人々がより効率的に業務を行い、ビジネスやライフスタイルの変革を支援できるようになることを目指していくという。

関連URL

Sparticle

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る