AI不動産査定のPriceHubble、電通国際情報サービス(ISID)とパートナーシップを締結

AIを活用した不動産査定、不動産情報の視覚化サービスを提供する「PriceHubble(プライスハブル)」は17日、金融機関向けのソリューションなどを手掛ける電通国際情報サービス(ISID)との提携を発表した。

ISIDは、PriceHubbleの査定技術をベースに、「BANK・R 賃貸不動産融資支援サービス」を開発し、地域金融機関向けに販売を開始した。

ISIDは、融資・審査や営業チャネル構築、リスク分析などを含む融資業務統合ソリューション「BANK・R(バンクアール)」をはじめ、幅広いソリューションを金融機関向けに提供している。「BANK・R 賃貸不動産融資支援サービス」は、「BANK・R」の新たなラインナップとして追加されたサービス。

「BANK・R 賃貸不動産融資支援サービス」によって、地域金融機関は、投資用住宅不動産の融資審査、中間管理を、より効率的、客観的に行うことができるという。

「BANK・R 賃貸不動産融資支援サービス」の詳細
●一棟マンション・アパート物件の賃料を推定
●物件の関するデータからAI評価エンジンがスコア化し、物件の賃料や売却価額を算出
●将来収支、償還能力、ローン比率をシミュレーション
●融資中物件をリスト管理。賃料相場、評価額を簡単に再査定
●エリアの人口推移や地価情報など、オープンデータの地図表示機能を提供

PriceHubbleは、スイスの不動産テック企業。不動産査定とマーケット・インサイトに基づいた革新的なデジタルソリューションを、不動産業界向けに提供している。同社のプロダクトは、ビッグデータ、最先端の分析、優れたビジュアライゼーションを駆使し、市場に新たな透明性を生み出す。同社の顧客はデータがもたらす正確なインサイト(不動産査定、マーケット分析、トレンド予測など)に基づいて、不動産や投資の意思決定を行い、顧客との対話を強化することができる。PriceHubbleのデジタルソリューションは、不動産バリューチェーン全体(銀行、アセットマネージャー、デベロッパー、プロパティマネージャー、不動産仲介業者など)をサポートするように設計されている。同社はすでに7カ国(スイス、フランス、ドイツ、オーストリア、日本、オランダ、ベルギー)で事業を展開し、世界に100名の社員を擁している。

関連URL

電通国際情報サービス(ISID)

「BANK・R(バンクアール)」

PriceHubble

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  2. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  3. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  4. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…
  5. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る