APTO、AI学習に必要な顔画像アノテーションデータを無償提供開始

APTOは23日、エイアイ・フィールド向けに作成・提供したAI・人工知能に学習させるための顔画像データ1000枚とアノテーションデータをセットで期間限定で無償提供を開始したと発表した。

AI技術の多様化が進む中、AIによる顔画像認識は多くのシーンで利用されるようになった。AIによる自動認識精度を向上させるためには、アノテーションデータをもとにAIを学習させる必要がある。このアノテーションデータ(データのタグ付け)作成は、大量で正確なデータで用意する場合が多く、ほとんどが人の手によって作成する必要がある。

今回、研究開発などのアノテーションデータ作成に関わる負担を下げ、AIによる顔画像認識がより広まっていくことを期待し顔画像アノテーションデータを無償で提供することにしたという。

今回無償提供する顔画像アノテーションデータは、エイアイ・フィールド向けに「harBest for Data」を利用し作成・提供したデータを許可を得て提供している。研究目的のみ利用可能で、商用利用は禁止。無償提供期間は、2021年6月23日から2021年9月30日までとなる。

関連URL

アノテーションデータダウンロード

APTO

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  2. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  3. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  4. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  5. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る