APTO、AI学習に必要な顔画像アノテーションデータを無償提供開始

APTOは23日、エイアイ・フィールド向けに作成・提供したAI・人工知能に学習させるための顔画像データ1000枚とアノテーションデータをセットで期間限定で無償提供を開始したと発表した。

AI技術の多様化が進む中、AIによる顔画像認識は多くのシーンで利用されるようになった。AIによる自動認識精度を向上させるためには、アノテーションデータをもとにAIを学習させる必要がある。このアノテーションデータ(データのタグ付け)作成は、大量で正確なデータで用意する場合が多く、ほとんどが人の手によって作成する必要がある。

今回、研究開発などのアノテーションデータ作成に関わる負担を下げ、AIによる顔画像認識がより広まっていくことを期待し顔画像アノテーションデータを無償で提供することにしたという。

今回無償提供する顔画像アノテーションデータは、エイアイ・フィールド向けに「harBest for Data」を利用し作成・提供したデータを許可を得て提供している。研究目的のみ利用可能で、商用利用は禁止。無償提供期間は、2021年6月23日から2021年9月30日までとなる。

関連URL

アノテーションデータダウンロード

APTO

関連記事

注目記事

  1. 2022-6-27

    仕事はもっと効率化できる!個人・企業向けAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」

    【PR】 仕事を効率的に進めるために、「どのように対処すればいいのか」と悩んでいる人も多いではない…
  2. 2022-6-25

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る