LegalForce、マルチブックがAI契約管理システム「LegalForceキャビネ」を導入

LegalForceは14日、クラウド型会計・ERPサービスを提供するマルチブックが、AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」を導入したと発表した。

「LegalForceキャビネ」導入の背景
・紙の契約書と電子締結した契約書をそれぞれの方法で管理。
・契約書の原本を担当部門ごとに管理していたため、契約書をすぐに探し出せないことが課題。
・全社の電子化・システム化に伴い契約管理もシステム化し、誰でもすぐに必要な契約書にアクセスできる状態にするため「LegalForceキャビネ」を導入。

「LegalForceキャビネ」導入の効果
・海外とのM&Aで契約書がすぐに見つかる便利さを実感。
・「更新期限通知機能」の活用で、課題だった契約の更新もれのリスクを低減。
・「関連契約書の紐づけ」機能で同一取引先の契約を1カ所に集約でき、業務の省力化へとつながった。
・契約期間やライセンスの取り決めなどの契約管理が可能な体制を整えていくことで、顧客との認識齟齬が起こるリスクを制御できていると実感。

導入事例 

関連URL

「LegalForce」
「LegalForceキャビネ」
LegalForce 

関連記事

注目記事

  1. 2022-7-26

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…
  2. 2022-7-19

    CAC、準天頂衛星システム「みちびき」とブロックチェーンで配達員保険システムの実証実験

    社会や産業のデジタルイノベーションに取り組むシーエーシー(CAC)は19日、準天頂衛星システム「みち…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る