アイスマイリー、Web雑誌「AIモデル作成最前線」を無料配布

人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは14日、AIモデル作成ソリューションのユースケースや製品の特長をまとめた「AIモデル作成最前線」を公開した。予測分析から在庫管理、予知保全まで幅広いAIモデルの事例や製品の特長を最先端のAI企業6社が紹介する。

AIモデルを作成する際、データサイエンスの要素やエンジニア的な専門スキルが緻密に絡むため、外部の開発会社に請負契約で作ってもらうのが、これまでの一般的な手法だった。

しかし近年では、既存のフレームワークやライブラリを活用した、ノンプログラミングでAIモデルを作成できるというGUIツールやパッケージプロダクトが数多くリリースされており、外部に委託せずとも社内でAIを内製化できる環境が整い始めている。

AIモデル作成において、開発会社に委託を選択するかそれともGUIツール活用して内製で開発するかは、時間と費用のかかるAI導入のプロセスと成果物の行方を大きく左右するため、重要な検討事項の1つとなっている。

AIブームといっても過言ではない現代において、AIモデルの開発や構築は、多くの企業の業務効率化や生産性の向上に貢献することが予想される。また、最近では専門知識を持たない企業でも手軽にAIを導入できるようになっており、より身近な存在になりつつある。業務の効率化を図るとともに、品質の向上を目指す上でも、AIモデルの開発・構築は今後さらに欠かせないものへとなっていくことが予想される。

本書では、実績のあるAI企業6社がAIモデル作成の事例やユースケースを紹介する。

Web雑誌「AIモデル作成最前線」コンテンツ一覧
・HEROZ
・富士通
・アイメソフト・ジャパン
・トライエッティング
・SCSK
・Laboro.AI

Web雑誌「AIモデル作成最前線」の入手方法
Web雑誌「AIモデル作成最前線」希望者は、以下問い合わせフォームに必要事項記入の上、お問い合わせ内容欄に「AIモデル作成最前線」と記載し送信する。

問い合わせフォーム

関連URL

「AIsmiley」
アイスマイリー

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-19

    人機一体、直感的な操作システム搭載人型重機が JR西日本の鉄道設備メンテナンスに導入

    人機一体は17日、同社のロボット工学技術が搭載された初めての製品となる「多機能鉄道重機」が、7 月か…
  2. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  3. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  4. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  5. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る