シナモンAI、イーデザイン損害保険の新自動車保険「&e」にAI-OCRを提供開始

国内の大手企業へ人工知能(AI)ソリューションを提供するシナモン(シナモンAI)は18日、東京海上グループのダイレクト損害保険会社であるイーデザイン損害保険が2021年11月18日から発売する最新テクノロジーを活用して顧客に新たな体験を提供する新自動車保険「&e(アンディー)」に、保険証券の自動読み取りを目的として、AI-OCR「Flax Scanner(フラックス・スキャナー)」の提供を開始すると発表した。アップロードされた保険証券をAIが読み取り、データ化することで、スムーズな保険の切り替え手続きを支援する。

&eでは、一人ひとりの顧客に寄り添い、一人でも事故にあう顧客を減らすために、IoTセンサーとスマートフォンを連携した安全運転支援サービスなどを提供する。&eは、(1)AIを駆使したシンプルでわかりやすい保険サービス、(2)「1タップ事故連絡」 をはじめ、IoTセンサーなどの最新テクノロジーで新たな体験を実現、(3)顧客の安全運転を後押し、顧客のカーライフをサポート、4)顧客と自動車事故のない世界を共創、と言った特徴がある。このうち、シナモンAIでは、最短60秒で保険料試算完了など、あらゆる手続きがスマートフォンで完結するためのコア技術であるAIによる保険証券の自動読み取り技術を提供する。なお、&eはビジネスモデル特許を出願中。

東京海上ホールディングスは、東京海上グループのダイレクト損害保険会社であるイーデザイン損保を新たにグループのデジタルR&D拠点として位置付け、インシュアテック保険会社へ変革させることで、グループ全体のデジタルR&Dをさらに加速させるとともに、顧客と社会に新たな価値を創造していく。

シナモンAIは、同社が企業の成長戦略の核として提唱するハーベストループ(データが自動的に蓄積され事業の持続的な成長力につながるループ型のビジネス構造:アーキテクチャー)を軸に、イーデザイン損保のパーパスドリブンなAI成長戦略の実装を推進するため、イーデザイン損保との連携を強化してくとしている。

関連URL

&e 
イーデザイン損害保険 
シナモン

関連記事

注目記事

  1. 2022-9-13

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る