SDKI、「世界の外科用ロボットシステム市場ー予測2022ー2030年」レポート発刊

SDKI Inc.は11日、「世界の外科用ロボットシステム市場ー予測2022ー2030年」新レポートを発刊したと発表した。

この調査には、外科用ロボットシステム市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれている。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供する。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれている。

外科用ロボットシステム市場は、2022年に68.5億米ドルの市場価値から、2030年までに168.3億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に13.7%のCAGRで成長すると予想されている。

ロボット手術は、ロボット工学を利用して外科手術を実行する低侵襲手術の一種。このようなロボットシステムは外科医によって制御され、ロボットアームに配置された収縮した手術器具でできているため、外科医は正確に手術を行うことができる。外科用ロボットシステムは、婦人科、神経学、心臓、整形外科などの多数の低侵襲手術の操作を支援する機器、アクセサリ、ソフトウェア、およびサービスを組み合わせたもの。多くの場合、これらのシステムにより、外科医は外科手術を機械化することができる。これにより、手技全体の有効性と精度が向上し、術後の障害が軽減される。

さらに、感染や失血のリスクを軽減し、回復時間を短縮する。これにより、外科用ロボットシステムの採用が強化される可能性がある。また、癌や神経疾患などの慢性疾患の有病率の上昇、および低侵襲手術の数の増加は、予測期間中に外科用ロボットシステム市場の成長を推進する主要な要因。アルツハイマー病協会によると、2019年にはすべての年齢の580万人のアメリカ人がアルツハイマー型認知症で生き残っていると推定されており、この推定値は2050年までに約1400万人増加すると予想されている。グローバル疾病負荷2015によると、パーキンソン病の有病率は2015年に世界中で620万人と推定され、2040年までにパーキンソン病で約1300万人に達する可能性がある。これは、予測期間中に外科用ロボットシステム市場の成長に貢献している。

しかし、手術ロボットの手順に関連する高コスト、および機器の破損やシステムエラーによる偶発的な負傷/死亡は、予測期間中に外科用ロボットシステム市場の成長を抑制する可能性がある。

外科用ロボットシステム市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価される。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれる。

北米地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域。これは、外科用ロボットシステムを実装するための政府の支援の高まり、とこの地域での市場ベンダーの幅広い存在に起因している。一方、アジア太平洋地域の外科用ロボットシステム市場は、2022ー2030年の予測期間中に最大の成長率/CAGRを示すと予想されている。慢性疾患の有病率の上昇、と中国やインドなどの発展途上国における医療インフラの改善などの要因は、アジア太平洋地域の外科用ロボットシステム市場の成長のための有利な機会を生み出すという。

関連URL

レポートのサンプル  
調査レポートの詳細
SDKI

関連記事

注目記事

  1. 2022-6-27

    仕事はもっと効率化できる!個人・企業向けAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」

    【PR】 仕事を効率的に進めるために、「どのように対処すればいいのか」と悩んでいる人も多いではない…
  2. 2022-6-25

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る