約4割が「契約の解約期限に気づかず、自動更新されていた経験がある」と回答= LegalForce調べ=

AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」、AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」を提供するLegalForceは20日、過去6カ月以内に契約関連業務を経験した企業勤務の人1000名を対象に、契約書管理に関する実態について調査を実施、その結果を発表した。

それによると、契約書の内容を「全て把握している」と回答した割合は13.5%、9割弱は契約内容の把握が曖昧だった。

解約期限に気づかず、自動更新されていた経験がある人は38.3%。

契約の解約期限に気づかず自動更新され「そのまま更新し、解約期限まで料金を支払い続けた」の割合は66.3%。

契約書の確認のために出社を迫られる経験のある人は全体で59%と半数以上。

関連URL

調査レポートのダウンロード
AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」
AI契約書管理システム「LegalForceキャビネ」
LegalForce

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る