NTTSportictと広島ホームテレビ、「AIソリューションを活用したスポーツ映像配信に関する共同事業」の協定締結

NTTSportictと広島ホームテレビは1日、「AIソリューションを活⽤したスポーツ映像配信に関する共同事業」の協定を締結したと発表した。

広島ホームテレビでは2008年から「勝ちグセ。」キャンペーンを開始し、テレビを中心にイベント、選手育成などさまざまな形で地元のスポーツを盛り上げてきた。

同キャンペーンを強化していく上で、低コストかつ幅広い層のスポーツファンにコンテンツを届けられる方法を探していたところ、自動で撮影からWeb配信までを行うNTTSportictのAIスポーツ映像ソリューション「STADIUM TUBE」に着目。

またNTTSportictの掲げる「スポーツを通して笑顔と感動を⽣み、地域社会の発展に寄与する」という理念にも共感し、この度共同事業協定を締結しサービスを導入した。

本事業ではNTTSportictが提供するAIスポーツ映像ソリューション「STADIUM TUBE」Proシリーズを⽤いて地域のスポーツの試合を撮影し、広島ホームテレビで提供する配信サイト等でのコンテンツ配信を行う。

会場に行けなくてもパソコンやタブレット、スマートフォンなどから試合動画を視聴できる。また試合動画を収録したDVDの販売など、地域スポーツの新たな楽しみ方を提案するという。

昨年10月に「Jr.ウインターカップ2021-22 2021年度 第2回全国U15バスケットボール選手権大会 広島県予選」、12月には「第39回全関西中学生バスケットボール交歓大会」の撮影と配信を実施。今後もバスケットボールを起点に「スポーツ王国」広島県で、さまざまな競技の選手たちを積極的に応援していくという。

NTTSportictが提供するAIスポーツ映像ソリューション「STADIUM TUBE」Proシリーズの中⼼となるのは、Pixellot Ltd.(イスラエル)が開発した無⼈撮影カメラで、AIによる⾃動撮影や編集機能を備えている。スタジアムなどの競技施設に設置することで、撮影コストを約10分の1に抑えることができる。また、動画の再⽣前に広告動画を⾃動挿⼊することも可能。

現在、サッカー、バスケットボール、ラグビー、アメリカンフットボール、バレーボールなど14競技の撮影に対応しており、「オートプロダクション」モードでは、本物のカメラマンが撮影しているかのような、⾃然なカメラワークになるという。

また通常のAI撮影と合わせて、同時にパノラマでピッチ全体の映像も撮影されるため、撮影した映像を既存のコーチングシステムへ直接流し込むことで、ファイル変換などの⼿間をかけずにチームの練習、選⼿へのフィードバックや分析に活⽤することができる。

関連URL

「STADIUM TUBE」
広島ホームテレビ
NTTSportict

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  2. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  3. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  4. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…
  5. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る